一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)青少年における異常脂質値の保有率-アメリカ、199・・・

MMWR抄訳

rss

2010/01/22Vol. 59 / No. 2

MMWR59(2):29-33
Prevalence of Abnormal Lipid Levels Among Youths - United States, 1999-2006

青少年における異常脂質値の保有率-アメリカ、1999~2006年

心血管疾患(CVD)はアメリカの成人における主要な死因であるが、異常脂質値やBMI上昇などのCVDの危険因子は小児や青少年でもみられる場合がある。 2008年、American Academy of Pediatrics(AAP)は2歳以上の若年者を対象とした異常脂質値スクリーニングに関する勧告を発表した。青少年における異常脂質値の保有率と BMIに基づいた脂質スクリーニングおよび過体重の青少年に対する治療的生活習慣カウンセリングの適応例の割合を検討するため、CDCは 1999~2006年のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)の結果を分析した。異常脂質値としてはLDL-コレステロール高値(130mg/dL以上)、HDL-コレステロール低値 (35mg/dL以下)、中性脂肪高値(150mg/dL以上)を評価した。分析対象とした12~19歳の青少年3,125名における1種類以上の異常脂質値の保有率は20.3%であった。BMI別保有率は正常体重群(2008名)14.2%、過体重群(514名)22.3%、肥満群(603 名)42.9%であり、過体重群、肥満群は正常体重群に比べて有意に保有率が高かった。全体の32%(過体重:15%、肥満:17%)はBMIが高値であり、AAP勧告での脂質スクリーニングの適格者であった。また過体重群の22.3%、肥満群の42.9%は治療的生活習慣カウンセリングの適格者であった。AAPガイドラインを利用した異常脂質値のスクリーニングにより治療的生活習慣カウンセリングの適応となる過体重・肥満青少年を同定できることから、医師は特に過体重・肥満の小児および青少年の診療に際して脂質スクリーニングガイドラインと推奨されている介入を意識する必要がある。

References

  • Lloyd-Jones D, Adams R, Carnethon M, et al. Heart disease and stroke statistics-2009 update: a report from the American Heart Association Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Circulation 2009;119:e21-181.
  • Daniels SR, Greer FR. Lipid screening and cardiovascular health in childhood. Pediatrics 2008;122:198-208.
  • Dai S, Fulton JE, Harrist RB, Grunbaum JA, Steffen LM, Labarthe DR. Blood lipids in children: age-related patterns and association with body-fat indices: Project HeartBeat! Am J Prev Med 2009;37(1 Suppl):S56-64.
  • Berenson GS, Srinivasan SR, Cresanta JL, Foster TA, Webber LS. Dynamic changes of serum lipoproteins in children during adolescence and sexual maturation. Am J Epidemiol 1981;113:157-70.
  • Gidding SS, Dennison BA, Birch LL, et al. Dietary recommendations for children and adolescents: a guide for practitioners: consensus statement from the American Heart Association. Circulation 2005;112:2061-75.
  • McCrindle BW, Urbina EM, Dennison BA, et al. Drug therapy of high-risk lipid abnormalities in children and adolescents: a scientific statement from the American Heart Association Atherosclerosis, Hypertension, and Obesity in Youths Committee, Council of Cardiovascular Disease in the Young, with the Council on Cardiovascular Nursing. Circulation 2007;115:1948-67.
  • Maron BJ, Chaitman BR, Ackerman MJ, et al. Recommendations for physical activity and recreational sports participation for young patients with genetic cardiovascular diseases. Circulation 2004;109:2807-16.
  • Ford ES, Li C, Zhao G, Mokdad AH. Concentrations of low-density lipoprotein cholesterol and total cholesterol among children and adolescents in the United States. Circulation 2009;119:1108-15.
  • US Preventive Services Task Force. Screening for obesity in children and adolescents: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Pediatrics 2010;126:361-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ