一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)アデノウイルス14呼吸器疾患のアウトブレイク-プリ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/01/15Vol. 59 / No. 1

MMWR59(1): 5-10
Outbreak of Adenovirus 14 Respiratory Illness - Prince of Wales Island, Alaska, 2008

アデノウイルス14呼吸器疾患のアウトブレイク-プリンスウェールズ島、アラスカ州、2008年

2008 年9月22日、アラスカ州プリンスウェールズ島の医師からAlaska Department of Health and Social Services(ADHSS)に、成人肺炎患者(n=10)が多く認められるとの報告があった。ADHSSとCDCがこの報告を受けて調査を行った結果、9月1日~10月27日の間に、2つのクリニックにおいてアデノウイルス14(Ad14)感染による肺炎患者46例が確認された(確診例:26、推定例:20)。年齢は2~95歳(中央値:47)、男性が70%を占め、61%がアラスカ原住民であり、48%が現喫煙者であった。発症は8月29日~10 月19日、症状は咳(100%)、息切れ(87%)、発熱(74%)が多く認められ、胸部レントゲンでは30/39例(77%)にて急性下気道疾患を認めた。罹病期間は1~41日(中央値:14)、治療は抗生物質投与(91%)、気管支拡張剤投与(41%)、ステロイド投与(28%)などが行われた。入院例は11例(24%、33~78歳)、9例は島外に搬送され、COPDの既往歴を有する1例は入院を拒否し、発症から10日後に死亡した。肺疾患の既往 (COPD、喘息、肺癌)または他の慢性疾患(心血管系疾患、糖尿病、癌、肝疾患)を有する症例は28例(61%)であった。単変量分析では65歳以上の症例にて入院リスクが約5倍高く、多変量分析においても65歳以上における入院リスクが有意に高値を示した。9月1日~10月27日における血清および鼻 /口内塗沫検体(それぞれn=25、n=39)の検査では、16検体(41%)がAd14陽性を示し、血清検体の12/25検体(48%)にてAd14中和抗体力価の上昇が認められ、研究室レベルにて26/39例(67%)が確診例とされた。遺伝子配列の分析ではアメリカにおける他のアウトブレイクにて確認されたAd14と一致していた。アラスカ州ではアデノウイルス感染が持続して認められており、Ad14感染例も2009年8月まで報告されていた。医師らは呼吸器および血清検体を採取し、市中肺炎とは異なることを確認し、Ad14のアウトブレイクが疑われる場合は公衆衛生局へ報告しなければならない。感染が確認された場合は、拡大防止のため個室または同様の症状を有する患者と同室とし、入院した患者との接触および飛沫感染の予防基準に従うべきである。

References

  • Lu X, Erdman DD. Molecular typing of human adenoviruses by PCR and sequencing of a partial region of the hexon gene. Arch Virol 2006;151:1587-602.
  • CDC. Acute respiratory disease associated with adenovirus serotype 14-four states, 2006-2007. MMWR 2007;56:1181-4.
  • Tate JE, Bunning ML, Lott L, et al. Outbreak of severe respiratory disease associated with emergent human adenovirus serotype 14 at a US Air Force training facility in 2007. J Infect Dis 2009;199:1419-26.
  • Baum SG. Adenovirus. In: Mandell GL, Bennett JE, Dolin R, eds. Principles and practice of infectious disease. 6th ed. Philadelphia, PA: Churchill Livingstone; 2004.
  • Metzgar D, Osuna M, Kajon AE, Hawksworth AW, Irvine M, Russell KL. Abrupt emergence of diverse species B adenoviruses at US military recruit training centers. J Infect Dis 2007;196:1465-73.
  • Hennessy TW, Ritter T, Holman RC, et al. The relationship between in-home water service and the risk of respiratory tract, skin, and gastrointestinal tract infections among rural Alaska natives. Am J Public Health 2008;98:2072-8.
  • Lewis PF, Schmidt MA, Lu X, et al. A community-based outbreak of severe respiratory illness caused by human adenovirus serotype 14. J Infect Dis 2009;199:1427-34.
  • Lyons A, Longfield J, Kuschner R, et al. A double-blind placebo-controlled study of the safety and immunogenicity of live, oral type 4 and type 7 adenovirus vaccines in adults. Vaccine 2008;26:2890-8.
  • Barraza EM, Ludwig SL, Gaydos JC, Brundage JF. Reemergence of adenovirus type 4 acute respiratory disease in military trainees: report of an outbreak during a lapse in vaccination. J Infect Dis 1999;179:1531-3.
  • CDC. Guidelines for preventing health-care-associated pneumonia, 2003. MMWR 2004;53(No. RR-3).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ