一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)輸血による黄熱病ワクチンウイルスの伝播-カリフォル・・・

MMWR抄訳

rss

2010/01/22Vol. 59 / No. 2

MMWR59(2): 34-37
Transfusion-Related Transmission of Yellow Fever Vaccine Virus - California, 2009

輸血による黄熱病ワクチンウイルスの伝播-カリフォルニア、2009年

アメリカにおいて黄熱病(YF)ワクチンは、sub-Saharan Africaおよび中央/南アフリカの風土病地域を訪れる旅行者や現役軍人に対して接種が勧告されている。米国赤十字社は、ウイルス血症ドナーからの伝播リスクという理論上の理由によりYFワクチン接種者に対し血液製剤用の献血を2週間延期するよう勧告している。2009年4月10日、ある病院の血液バンク管理者は3月27日に献血した訓練兵89名が4日前にYFワクチンを接種していたことに気づいた。この報告は、献血が延期されなかった原因を同定し輸血によるYFワクチンウイルスの伝播の有無を検討するために、その病院とCDCが実施した調査結果をまとめたものである。調査により、訓練兵に対するワクチン接種時期が最近変更となったこと、献血時に4日前にYFワクチンを接種したことを誰も報告しなかったことが明らかになった。迅速な回収にもかかわらず、 3月31日~4月9日にこれら訓練兵由来血液製剤6ユニット(血小板:3、新鮮凍結血漿:2、赤血球:1)が5例に輸血された。4例では輸血後1ヶ月間に重篤な有害反応を示す臨床的エビデンスや検査値異常は確認されなかったが、前立腺癌末期、輸血依存性、B細胞リンパ腫の1例(82歳男性)は血小板輸血から20日後に死亡した。生存4例中の3例は輸血後26~37日目に採取した血清検体がYFウイルスIgM抗体陽性であった。輸血によるYFワクチンウイルス伝播の可能性が明らかになったことから、献血施設は献血者の最近のワクチン接種歴に関する注意深いスクリーニングと生ウイルスワクチン接種者への献血延期に関する情報提供が必要と考える。

References

  • CDC. Yellow fever. In: CDC health information for international travel 2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2009. Available at <http://wwwnc.cdc.gov/travel/yellowbook/2010/chapter-2/yellow-fever.aspx. Accessed January 14, 2010>.
  • Grabenstein JD, Pittman PR, Greenwood JT, Engler RJM. Immunization to protect the US armed forces: heritage, current practice, and prospects. Epidemiol Rec 2006;28:3-26.
  • American Red Cross. Donating blood: eligibility requirements. Available at <http://www.redcrossblood.org/donating-blood/eligibility-requirements/eligibility-criteria-alphabetical-listing. Accessed January 14, 2010>.
  • Monath TP, McCarthy K, Bedford P, et al. Clinical proof of principle for ChimeriVax: recombinant live, attenuated vaccines against flavivirus infections. Vaccine 2002;20:1004-18.
  • Barnett ED. Yellow fever: epidemiology and prevention. Clin Infect Dis 2007;44:850-6.
  • Reinhardt B, Jaspert R, Niedrig M, Kostner C, L’age-Stehr J. Development of viremia and humoral and cellular parameters of immune activation after vaccination with yellow fever virus strain 17D: a model of human flavivirus infection. J Med Virol 1998;56:159-67.
  • Monath TP. Neutralizing antibody responses in the major immunoglobulin classes to yellow fever 17D vaccination of humans. Am J Epidemiol 1971;93:122-9.
  • Bennevie-Nielsen V, Heron I, Monath TP, Calisher. Lymphocytic 2’, 5’ oligoadenylate synthetase activity increases prior to the appearance of neutralizing antibodies and immunoglobulin M and immunoglobulin G antibodies after primary and secondary immunization with yellow fever vaccine. Clin Diagn Lab Immunol 1995;2:302-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ