一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)ある学校における2009年パンデミックインフルエン・・・

MMWR抄訳

rss

2010/01/08Vol. 58 / No. 51& 52

MMWR58(51&52):1440-1444
Outbreak of 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) at a School - Hawaii, May 2009

ある学校における2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)のアウトブレイク

2009 年5月12日、Hawaii Department of Health(HDOH)はオアフ島の同じ学校でパンデミックインフルエンザA(H1N1)患者2例(8年生の生徒、3年生の教師)を確認した。HDOH は感染源と学校および家庭内接触者における伝播状況の調査を開始した。この報告は、その調査結果をまとめたものである。同学校ではその後パンデミック H1N1のアウトブレイクが発生し、5月26日までに16例の感染が確認された。16例中10例は生徒、1例は3年生の教師、5例は生徒の家庭内接触者であった。発症日は5月1日~17日で、全例が入院せずに回復した。また全例が発症前10日間にハワイ州以外に旅行していなかった。同学校における4月23 日~5月13日の欠席率中央値は13%(7~25%)であったが、アウトブレイク発生後2週間は35%(16~49%)に増加した。HDOH、学校、 Hawaii Department of Education(HDOE)は生徒と職員に発病中の自宅待機を求める啓発キャンペーンを行った。また学校側はHDOHとの協議により学校を閉鎖しないことを決定した。アウトブレイクは19日後に終息した。このアウトブレイクはハワイ州での初めてのパンデミックA(H1N1)ウイルスのコミュニティー伝播であり、その調査結果はハワイ州におけるH1N1インフルエンザの疫学(感染の危険因子は米国本土や海外への旅行だけではないことなど)や風土病的伝播の関与についての早期理解に貢献した。現在のCDCガイドラインは、2009年度の学校(K-12グレード)におけるインフルエンザ対策として発症時の自宅待機や適切な手洗い、咳エチケットなどを推奨している。

References

  • CDC. Swine influenza A (H1N1) infection in two children-southern California, March-April 2009. MMWR 2009;58(Dispatch):1-3.
  • CDC. Flu activity & surveillance. Available at <http://www.cdc.gov/flu/weekly/fluactivity.htm>. Accessed January 4, 2010.
  • Hawaii Department of Health. Influenza surveillance report, May 3-May 16, 2009: MMWR week 18-19. Available at <http://hawaii.gov/health/family-child-health/contagious-disease /influenza/Influenza%20Reports /Influenza%20Surveillance%20Weeks%2018-19%202009.pdf>. Accessed December 23, 2009.
  • CDC. Update on school (K-12) and child care programs: interim CDC guidance in response to human infections with novel influenza A (H1N1) virus. <http://www.cdc.gov/h1n1flu/K12_dismissal.htm>. Accessed November 12, 2009.
  • CDC. Swine origin influenza A (H1N1) virus infections in a school-New York City, April, 2009. MMWR 2009;58:470-2.
  • Neuzil KM, Hohlbein C, Zhu Y. Illness among schoolchildren during influenza season: effect on school absenteeism, parental absenteeism from work, and secondary illness in families. Arch Pediatr Adolesc Med 2002;156:986-91.
  • Guinard A, Grout L, Durand C, Schwoebel V. Outbreak of influenza A(H1N1)v without travel history in a school in the Toulouse district, France, June 2009. Euro Surveill 2009;14(27).
  • CDC. Interim guidance on specimen collection, processing, and testing for patients with suspected novel influenza A (H1N1) virus infection. Available at <http://www.cdc.gov/h1n1flu/specimencollection.htm>. Accessed December 23, 2009.
  • CDC. Recommendations for the amount of time persons with influenza-like illness should be away from others. Available at <http://www.cdc.gov/h1n1flu/guidance/exclusion.htm>. Accessed December 23, 2009.
  • CDC. CDC guidance for state and local public health officials and school administrators for school (K-12) responses to influenza during the 2009- 2010 school year. Available at <http://www.cdc.gov/h1n1flu/schools/schoolguidance.htm>. Accessed December 23, 2009.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ