一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)National Smallpox Vaccine・・・

MMWR抄訳

rss

2003/05/02Vol. 52 / No. 17

MMWR52(17) : 386-388
Women with Smallpox Vaccine Exposure During Pregnancy Reported to the National Smallpox Vaccine in Pregnancy Registry - United States, 2003

National Smallpox Vaccine in Pregnancy Registryに報告された妊娠中の天然痘ワクチン曝露-アメリカ,2003年

胎児ワクシニアの危険性を考えると、妊婦またはワクチン接種後4週以内に妊娠の可能性のある女性や、その家族、性的接触の可能性のある人への天然痘ワクチン接種は避けるべきである。CDCは国防総省(DoD)、FDAとともにNational Smallpox Vaccine in Pregnancy Registryを設立し、妊婦における天然痘ワクチン曝露の調査を開始、ワクチン接種時に妊娠していた女性、接種後28日以内に妊娠した女性、接種28日以内の人と密接に接触した女性を対象として、3ヶ月おきの妊娠経過と出産状況をモニターしている。2001年11月5日-2003年4月24日、軍関係者、医療従事者、臨床試験ボランティア数名の妊娠可能年齢(18-44歳)の女性に対して天然痘ワクチン接種が行われ、103名が接種時または接種後4週間以内に妊娠していた。DoDワクチン接種プログラムは、2002年12月13日-2003年4月22日に妊娠可能年齢女性62,222名を対象として、天然痘ワクチンに関する調査を行った。軍関係者女性52,185名に天然痘ワクチンが接種され、うち85名[22(18-35)歳]がワクチン接種前(62名)、接種後4週以内(23名)に妊娠していた。医療従事者女性では2003年1月24日-4月24日に計6,174名にワクチンが接種され、6名[31(26-38)歳]が接種1週前(2名)、接種後4週以内(4名)に妊娠していた。うち2名は妊娠初期に流産し、他の2名はワクチン接種者と密接に接触したが、ワクチン曝露による症状は認めなかった。臨床試験ボランティアでは2001年11月-2003年4月24日に計12名[28(18-42)歳]が妊娠中にワクチンを接種されていたが、いずれもワクチン接種日の妊娠反応は陰性であった。CDCとAdvisory Committee on Immunization Practicesは妊娠中の天然痘ワクチン接種による胎児ワクシニアの危険性に対する認識を高めるとともに、接種時に妊娠の有無を確認し、接種後4週以内の妊娠を避けるよう勧告している。

References

  • CDC. Recommendations for using smallpox vaccine in a pre-event vaccination program: supplemental recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) and the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC). MMWR Dispatch 2003;52:1-16.
  • CDC. Smallpox vaccination and adverse reactions: guidance for clinicians. MMWR 2003;52(No. RR-4).
  • CDC. National smallpox vaccine in pregnancy registry. MMWR 2003;52:256.
  • Lynch FW. Dermatologic conditions of the fetus with particular reference to variola and vaccinia. Arch Dermat & Syph 1932;26:997-1019.
  • Levine MM, Edsall G, Bruce-Chwatt LJ. Live-virus vaccine in pregnancy: risks and recommendations. Lancet 1974;2:34-8.
  • Hood CK, McKinnon GE. Prenatal vaccinia. Am J Obstet & Gynec 1963;85:238-40.
  • Mills JL, Simpson JL, Driscoll SG, et al. Incidence of spontaneous abortion among normal women and insulin-dependent diabetic women whose pregnancies were identified within 21 days of conception. New Engl J Med 1988;319:1617-23.
  • Wilcox AJ, Weinberg CR, O'Connor JF, et al. Incidence of early loss of pregnancy. New Engl J Med 1988;319:189-94.
  • CDC. National vital statistics reports. MMWR 2003;51(No. RR-4).
  • Ventura SJ, Mosher WD, Curtin SC et al. Highlights of trends in pregnancy rates by outcome: estimates for the United States, 1976- 96;47(No. 29):1-12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ