一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)成人における自己申告による喘息罹患率とコントロール・・・

MMWR抄訳

rss

2003/05/02Vol. 52 / No. 17

MMWR52(17) : 381-384
Self-Reported Asthma Prevalence and Control Among Adults - United States, 2001

成人における自己申告による喘息罹患率とコントロール-アメリカ,2001年

2000年、喘息による死亡者数は4,487名、入院者数は465,000名、救急外来(ED)受診者数は180万名、医療機関受診者数は1,040万名であった。2001年に国内50州、ワシントンDC、グアム、プエルトリコおよびバージン諸島において18歳以上を対象に実施されたBRFSS(Behavioral Risk Factor Surveillance System)による喘息に関する調査結果がまとめられた。回答率は51.1%(ニュージャージー33.3%-プエルトリコ81.5%)で、”今までに喘息と診断されたことがある”と回答した人は11.0%(204,797名、グアム7.5%-プエルトリコ 19.6%)、国内50州のみでは8.4%(ネブラスカ)-13.3%(ネバダ)であった。2001年現在、50州およびDCにおいて”現在も喘息が続いている”と回答した人は7.2%(1,510万名、グアム3.5%-プエルトリコ9.5%)、国内50州のみでは5.3%(ルイジアナ、サウスダコタ)-9.5%(マサチューセッツ)であった。人種別では非ラテンアメリカ系多民族(12.2%)、非ラテンアメリカ系黒人(8.5%)、非ラテンアメリカ系白人(7.2%)、その他の人種/非ラテンアメリカ系(5.9%)、ラテンアメリカ系(5.7%)の順に罹患率が高かった。また、国内8州を対象に行った詳細な調査によると、現在の罹患率は7.7%(サウスダコタ5.3%-ミシガン9.0%)で、うち82.7%は過去12ヶ月以内のED受診歴、71.0%は医療機関の受診歴がないと回答、過去12ヶ月以内の喘息の定期検診も54.4%が受けていなかった。さらに71.6%は喘息による日常生活への支障、60.9%は睡眠への支障はないと回答し、30日以内に喘息の症状がなかったと回答した人は21.8%、12ヶ月以内に喘息発作がなかった人は47.2%であった。

References

  • Mannino DM, Homa DM, Akinbami LJ, et al. Surveillance for asthma- United States, 1980-1999. In: CDC surveillance summaries (March 29). MMWR 2002;51(No. SS-1).
  • CDC, National Center for Health Statistics. Asthma prevalence, health care use and mortality, 2000-2001. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/products/pubs/pubd/hestats/asthma/asthma.htm>.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System Survey. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 2001.
  • Shah BV, Barnwell BG, Bieler GS. SUDAAN user's manual. Release 7.5. Research Triangle Park, North Carolina: Research Triangle Institute, 1997.
  • CDC. 2000 BRFSS summary data quality report. National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion, Division of Adult and Community Health, Behavioral Surveillance Branch. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/ti-quality-req2000.htm>.
  • Weiss KB, Gergen PJ, Wagener DK, Breathing better or wheezing worse? The changing epidemiology of asthma morbidity and mortality. Annu Rev Public Health 1993;14:491-513.
  • Barbee RA, Dodge R, Lebowitz ML, Burrows B. The epidemiology of asthma. Chest 1985;87:21S-25S.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System user's guide. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 1999.
  • Toren K, Brisman J, Jarvholm B. Asthma and asthma-like symptoms in adults assessed by questionnaires: a literature review. Chest

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ