一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)結腸直腸癌教育に関する公共サービス情報のテレビ放映・・・

MMWR抄訳

rss

2003/03/14Vol. 52 / No. 10

MMWR52(10) : 196- 199
Donated Television Airplay of Colorectal Cancer Education Public Service Announcements - United States, 1999-2002

結腸直腸癌教育に関する公共サービス情報のテレビ放映による提供-アメリカ,1999~2002年

1999年、U.S. Department of Health and Human Services(DHHS)は結腸直腸癌の予防および早期発見対策の一環としてスクリーニングの重要性を広く認識させることを目的に、50歳以上の成人を対象とした結腸直腸癌に関する公共サービス情報(PSAs)をテレビ放映を通じて提供する”Screen for Life : National Colorectal Cancer Action Campaign”(SFL)を開始した。CDCもCenters for Medicare&Medicaid Servicesとともに1999年3月からSFLを開始、さらに2000年7月(第2期 : 2001年2月まで)および2001年3月(第3期 : 2002年2月まで)に新しいキャンペーンを展開した。いずれも結腸直腸癌が癌関連死の第2位を占め、スクリーニングにより命を救うことができ、切除可能な前癌状態のポリープを発見することができるというメッセージを盛り込んでいる。キャンペーン放映の調査のため、CDCは国内210全てのU.S. Designated Market Areas(DMAs)にある約1,000の放映局、75の地方および全国ケーブルチャンネルのPSA放映のコード、放映時間帯、日付、曜日、放映局のコールサインおよびPSA名とその放映時間をモニターし、PSAが視聴された回数(オーディエンスインプレッション)およびコマーシャル価値を推定し、毎月分析した。1999年3月-2002年2月、PSAは計41,624回放映され、オーディエンスインプレッションは74,900万回、コマーシャル価値は430万ドルと推定された。オーディエンスインプレッションは第2期で、放映回数は第3期で最も多く、各期とも開始から3-4ヶ月以内にピークとなり、その後緩やかに減少、各期のピークは前期のピークを上回っていた。3年間で、DMAの94%がPSAを1回以上(1-4,578回)放映した。第3期の放映パターンは41,624回のうち17,061回(41%)が日中(6 : 00am-7 : 59pm)、2,144回(5%)がゴールデンアワー(8 : 00pm-10 : 59pm)、22,419回(54%)が夜間(11 : 00pm-5 : 59am)で、オーディエンスインプレッションは日中 : 41,500万回(55%)、ゴールデンアワー : 9,700万回(13%)、夜間 : 23,600万回(32%)であった。第3期には国内の23州がSFLを導入したが、結腸直腸癌発症率への影響はまだ認められていない。CDCは今後もSFL PSAの放映を継続し、結腸直腸癌スクリーニング施行率に対する影響を検討する予定である。

References

  • Jorgensen CM, Gelb C, Merritt T, Seeff L. CDC's "Screen for Life Campaign: A National Colorectal Cancer Action Campaign." J Womens Health Gend Based Med 2001;10:417-22.
  • American Cancer Society. Cancer Facts and Figures, 2003. Atlanta, Georgia: American Cancer Society, 2003; publication no. 5008.03.
  • Flay BR. Mass media smoking cessation: a critical review. Am J Public Health 1987;77:153-60.
  • Grilli R, Freemantle N, Minozzi S, Domenighetti G, Finer D. Mass media interventions: effects on health services utilisation. Cochrane Database Systematic Reviews 2000;2:CD000389.
  • Marcus BH, Owen N, Forsyth LH, Cavill NA, Fridinger F. Physical activity interventions using mass media, print media, and information technology. Am J Prev Med 1998;15:362-78.
  • Snyder L. How effective are mediated health campaigns? In: Rice R, Atkin C, eds. Public Communication Campaigns. Thousand Oaks, California: Sage, 2000.
  • Sowden AJ, Arblaster L. Mass media interventions for preventing smoking in young people. Cochrane Database Systematic Reviews 2000;2:CD001006.
  • CDC. Colorectal cancer test use among persons aged >50 years-United States, 2001. MMWR 2003;52:193-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ