一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)地方自治体の汚染された上水道に関連したカンピロバク・・・

MMWR抄訳

rss

2019/02/22Vol. 68 / No. 7

MMWR68(7):169-173
Campylobacteriosis Outbreak Associated with Contaminated Municipal Water Supply — Nebraska, 2017

地方自治体の汚染された上水道に関連したカンピロバクター感染症のアウトブレイク ― ネブラスカ州、2017年

2017年3月10日、Nebraska Department of Health and Human Services(NDHHS)にSouthwest Nebraska Public Health Department管轄のA市にてカンピロバクター感染症(Campylobacter jejuni感染、5例)が発症したと報告された。うち2例は培養検査陽性、3例は培養非依存的診断法(PCR)陽性であった。A市におけるカンピロバクター症例数は2006年~2016年にて3年ごとに平均1例であり、この発症数は予想を超えるものであった。A市の住民約600名を対象としたアンケート調査が行われ、94名(16%)から得た回答を分析した結果、カンピロバクター感染症は39例にて確認された(41%、確定例:6例、高度疑い例:33例)。発症は2月28日~3月21日、女性:25例、男性:14、年齢中央値は34.5(1.5~85)歳、12例(31%)が医療機関を受診、3例(8%)が入院したが死亡例は認めていない。発症例38名と非発症対照56名のデータ分析をした結果、カンピロバクター感染症の発症と未処理の沸かしていないA市の水道水(井戸水)の摂取との関連性が示され、他の曝露源(非低温殺菌牛乳、動物との接触、生の鶏肉、牛ひき肉)との有意な関連性は認めなかった。A市の水道水は4カ所の未処理の井戸が相互連結した配水システムにより供給されている。現地調査では動物飼育施設からの家畜排水を近隣の農地へ汲み上げるセンターピボット灌漑システムが故障し、市に水を供給する2つの井戸に近い側溝に大量の流出が起こっていたことが判明した。この2つの井戸を即座に使用中止とし、その後の発症は認めていない。NDHHSは4月25日、これらの井戸を緊急事態に再分類し、非飲料水として緊急時(火事、干ばつなど)のみに汲み上げることとし、また、地域の出資者を集めた会議にて、新たに大容量の井戸を違う場所に適正な深さで掘削し、安全な飲料水を供給する計画を支持するエビデンスとして今回の事例が提示された。

References

  • CDC. Campylobacter and drinking water from private wells. Atlanta, GA: US Department Health and Human Services, CDC; 2015. <https://www.cdc.gov/healthywater/drinking/private/wells/disease/campylobacter.html>
  • Ball A. Estimation of the burden of water-borne disease in New Zealand: preliminary report. Wellington, New Zealand: Ministry of Health; 2006. <https://www.health.govt.nz/system/files/documents/publications/water-borne-disease-burden-prelim-report-feb07-v2.pdff>
  • Clark CG, Price L, Ahmed R, et al. Characterization of waterborne outbreak-associated Campylobacter jejuni, Walkerton, Ontario. Emerg Infect Dis 2003;9:1232–41. <https://doi.org/10.3201/eid0910.020584>
  • DeFraites RF, Sanchez JL, Brandt CA, et al. An outbreak of Campylobacter enteritis associated with a community water supply on a U.S. military installation. MSMR 2014;21:10–5.
  • Jakopanec I, Borgen K, Vold L, et al. A large waterborne outbreak of campylobacteriosis in Norway: the need to focus on distribution system safety. BMC Infect Dis 2008;8:128. <https://doi.org/10.1186/1471-2334-8-128>
  • Richardson G, Thomas DR, Smith RMM, et al. A community outbreak of Campylobacter jejuni infection from a chlorinated public water supply. Epidemiol Infect 2007;135:1151–8. <https://doi.org/10.1017/S0950268807007960>
  • Tauxe RV. Epidemiology of Campylobacter jejuni infections in the United States and other industrialized nations. In: Nachamkin I, Tomkins S, Blaser M, eds. Campylobacter jejuni: current status and future trends. Washington, DC: American Society for Microbiology; 1992:9–19.
  • St-Pierre K, Lévesque S, Frost E, Carrier N, Arbeit RD, Michaud S. Thermotolerant coliforms are not a good surrogate for Campylobacter spp. in environmental water. Appl Environ Microbiol 2009;75:6736–44. <https://doi.org/10.1128/AEM.00486-09>
  • Jones DM, Sutcliffe EM, Curry A. Recovery of viable but non-culturable Campylobacter jejuni. J Gen Microbiol 1991;137:2477–82. <https://doi.org/10.1099/00221287-137-10-2477>
  • Rollins DM, Colwell RR. Viable but nonculturable stage of Campylobacter jejuni and its role in survival in the natural aquatic environment. Appl Environ Microbiol 1986;52:531–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ