一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)非ポリオエンテロウイルスとヒトパレコウイルスのサー・・・

MMWR抄訳

rss

2010/12/10Vol. 59 / No. 48

MMWR59(48):1577-1580
Nonpolio Enterovirus and Human Parechovirus Surveillance - United States, 2006-2008

非ポリオエンテロウイルスとヒトパレコウイルスのサーベイランス-アメリカ、2006~2008年

ピコルナウイルス科ファミリーに属するエンテロウイルスは、軽度の呼吸器症状から無菌性髄膜炎や脳症といった重症症状まで様々な症状を引き起こす可能性がある。非ポリオエンテロウイルスには約100種類の血清型が認識されており、そのうち以前エンテロウイルスとして分類されていたエコーウイルス22、23はピコルナウイルス科ファミリーだが属が異なるヒトパレコウイルス(HPeVs)として最近再分類された。この報告は、2種類の検査室ベースサーベイランスシステム(National Enterovirus Surveillance System[NESS]、National Respiratory and Enteric Virus Surveillance System[NREVSS])のデータに基づき、2006~2008年の非ポリオエンテロウイルスとHPeVの検出状況について述べたものである。 2006~2008年には49州からエンテロウイルス・HPeVの検出例が報告された。NESSには全体で1,632例の報告があり、このうち1,103 例(68%)はエンテロウイルスのピークシーズンである7月~10月に報告された。年齢が判明した1,415例(87%)は生後1ヶ月未満~79歳(平均 9歳、中央値2歳)であり、660例(47%)は1歳以下であった。検出源となった検体は脳脊髄液が最も多く(743/1,468例[51%])、次が咽喉-鼻咽頭検体(324例[22%])、便-直腸拭い液(268例[17%])、組織検体(133[10%])であった。血清型は1,171株(72%) で特定され、これらウイルス株の地域別検出率は南部36%、中西部32%、西部19%、北東部13%であった。またこのうち54%は、5種類の最も一般的なエンテロウイルス血清型(コクサッキーウイルスB1[CVB1]、エコーウイルス6、エコーウイルス9、エコーウイルス18、コクサッキーウイルス A9)が占めていた。HPeV1型はこの期間中の検出率が最も高い15種類のエンテロウイルス・HPeVの中に入っていたが、検出率は1.8%(21例) であった。2007年と2008年に最も優勢であった血清型はCVB1であり、それぞれ全検出株の24%、19%を占めた。CVB1は、2007年のアメリカにおける重大な新生児感染症のアウトブレイクに関与した。NREVSSのデータによると、この期間中に報告された108,798例中3,192例 (3%)がエンテロウイルス陽性であり、陽性率はやはり7月~10月が最も多かった。エンテロウイルスおよびHPeVの循環傾向を理解することは医師がこれら感染症の検査の実施時期を決定する上で有用であり、またデータのより適時な報告は公衆衛生局がこれらウイルスの関与したアウトブレイクを認識するのに有用と考える。

References

  • Pallansch MA, Roos RP. Enteroviruses: polioviruses, coxsackieviruses, echoviruses, and newer enteroviruses. In: Knipe DM, Howley PM, Griffin DE, et al, eds. Fields Virology, 4th ed. Philadelphia, PA: Lippincott, Williams, & Wilkins; 2001:723-75.
  • CDC. Increased detections and severe neonatal disease associated with coxsackievirus B1 infection-United States, 2007. MMWR 2008;57:553-6.
  • CDC. Deaths among children during an outbreak of hand, foot, and mouth disease-Taiwan, Republic of China, April-July 1998. MMWR 1998;47:629-32.
  • CDC. Enterovirus surveillance-United States, 1970-2005. MMWR 2006;55(No. SS-08).
  • Wikswo ME, Khetsuriani N, Fowlkes AL, et al. Increased activity of coxsackievirus B1 strains associated with severe disease among young infants in the United States, 2007-2008. Clin Infect Dis 2009;49:e44-51.
  • Perez-Velez CM, Anderson MS, Robinson CC, et al. Outbreak of neurologic enterovirus type 71 disease: a diagnostic challenge. Clin Infect Dis 2007;45:9507.
  • Harvala H, Wolthers KC, Simmonds P. Parechoviruses in children: understanding a new infection. Curr Opin Infect Dis 2010;23:224-30.
  • Nix WA, Maher K, Johansson ES, et al. Detection of all known parechoviruses by real-time PCR. J Clin Microbiol 2008;46:2519-24.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ