一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)生あるいは加熱調理が不十分なザリガニ摂食後のヒト肺・・・

MMWR抄訳

rss

2010/12/10Vol. 59 / No. 48

MMWR59(48):1573-1576
Human Paragonimiasis After Eating Raw or Undercooked Crayfish - Missouri, July 2006-September 2010

生あるいは加熱調理が不十分なザリガニ摂食後のヒト肺吸虫症-ミズーリ、2006年7月~2010年9月

肺吸虫症は吸虫類Paragonimusを原因とする寄生虫症であり、ヒトは中間宿主であるザリガニや淡水産のカニを食べることによって感染する。肺吸虫症は肺を侵襲する頻度が高いが、脳や皮膚など他の臓器を侵襲する可能性もある。北アメリカにおいてParagonimus kellicottiはイヌ、ネコ、野生の肉食動物に感染するが、まれにヒトにも感染する。2009年9月、ミズーリ州セントルイスにあるWashington University School of Medicine(WUSM)の医師が2006年7月以降に診断された肺吸虫症3例の詳細を発表した。これら症例はミズーリ州の川で捕れた生のザリガニを食べていたことから、Missouri Department of Health and Senior Services(MDHSS)、CDC、WUSMは協同して肺吸虫症のサーベイランスと予防対策を行った。ミズーリ州では2009年9月~2010年9 月にさらに6例が肺吸虫症と診断された。これら9例(男性8例、女性1例、10~32歳)中7例はミズーリ州、2例はイリノイ州の住民であり、全例が 2006~2010年の5月~8月にカヌー旅行やキャンプに行き、ミズーリ州の川で捕ったザリガニを生あるいは加熱調理が不十分な状態で食べていた。ザリガニ摂食から発症までの期間は2~16週、発症から肺吸虫症の推定診断までの期間は3~45週であった。初発徴候・症状は発熱(100%)、咳 (100%)、体重減少(56%)、倦怠感(56%)、胸痛(44%)、呼吸困難(44%)、筋肉痛(44%)、寝汗(44%)などであり、全例で好酸球増加と胸水貯留を認めた。2例は痰あるいは気管支肺胞洗浄液中でP.kellicottiの虫卵が検出され、それら2例を含めた7例はELISA法あるいはイムノブロット法でParagonimus抗体陽性であった。抗体陰性であった2例は病歴と臨床所見、治療反応性に基づいて肺吸虫症と診断された。全例がプラジカンテルによる治療を受け、症状、好酸球増加症、X線学的異常は治療開始後1~3ヶ月以内に消退した。医療従事者は原因不明の発熱、咳、好酸球増加、胸水貯留、その他の胸部X線異常所見を有する患者の診察時には肺吸虫症を念頭に置き、生あるいは加熱調理が不十分なザリガニの摂食経験を尋ねる必要がある。また一般市民、特に川沿いでのレクリエーションに関係している人々に対して加熱調理が不十分なザリガニを食べないよう教育する必要がある。

References

  • Procop GW. North American paragonimiasis (caused by Paragonimus kellicotti) in the context of global paragonimiasis. Clin Microbiol Rev 2009;22:415-46.
  • Lane MA, Barsanti MC, Santos CA, Yeung M, Lubner SJ, Weil GJ. Human paragonimiasis in North America following ingestion of raw crayfish. Clin Infect Dis 2009;49:e55-61.
  • Pachucki CT, Levandowski RA, Brown VA, Sonnenkalb BH, Vruno MJ. American paragonimiasis treated with praziquantel. N Engl J Med 1984;311:582-3.
  • Procop GW, Marty AM, Scheck DN, Mease DR, Maw GM. North American paragonimiasis: a case report. Acta Cytol 2000;44:75-80.
  • DeFrain M, Hooker R. North American paragonimiasis: case report of a severe clinical infection. Chest 2002; 121:1368-72.
  • Castilla EA, Jessen R, Sheck DN, Procop GW. Cavitary mass lesion and recurrent pneumothoraces due to Paragonimus kellicotti infection: North American paragonimiasis. Am J Surg Pathol 2003;27:1157-60.
  • Madariaga MG, Ruma T, Theis JH. Autochthonous human paragonimiasis in North America. Wilderness Environ Med 2007;18:203-5.
  • Boe DM, Schwarz MI. A 31-year-old man with chronic cough and hemoptysis. Chest 2007;132:721-6.
  • Bean NH, Maloney EK, Potter ME, et al. Crayfish: a newly recognized vehicle for vibrio infections. Epidemiol Infect 1998;121:269-73.
  • Slemenda SB, Maddison SE, Jong EC, Moore DD. Diagnosis of paragonimiasis by immunoblot. Am J Trop Med Hyg 1988;39:469-71.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ