一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2004年(Vol.53)生アーモンドに関連したSalmonella血清型E・・・

MMWR抄訳

rss

2004/06/11Vol. 53 / No. 22

MMWR53(22):484-487
Outbreak of Salmonella Serotype Enteritidis Infections Associated with Raw Almonds - United States and Canada, 2003-2004

生アーモンドに関連したSalmonella血清型Enteritidis感染症のアウトブレイク-アメリカとカナダ,2003~2004年

2004年5月12日、Oregon State Public Health Laboratoryはtwo-enzymeパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)によりSalmonella enterica血清型Enteritidis(SE)の感染例5例を確認した。これら5例の発症日は2004年2―4月であった。その後の調査にて、6月2日現在、アメリカ12州とカナダで29例のSE感染者が確認されている。これら症例の発症日は2003年9月―2004年4月であった。年齢中央値は40歳(生後11ヶ月―91歳)で、17例(59%)は女性であった。7例は入院したが、死亡例はなかった。最初の5例を対象として発症前5日間に摂食した食物の調査を行ったところ、全例がKirkland Signatureブランドの生アーモンドを摂食していたことが明らかになった。またその後確認された29例のうちインタビューを行った26例中24例が発症前の週に生アーモンドを食べたと回答し、20例はParamount Farmsにおいて包装あるいは供給されたブランドであることを認めた。これより、全米および世界中に流通している生アーモンドがSE感染源として示唆された。5月21日現在、生アーモンド約1300万ポンドが生産者により回収されている。患者の自宅とParamountで収集した生アーモンドの検査ではSalmonella陰性であったが、Paramountで採取した環境サンプルの1つとParamountの殻むき機2台より採取した3サンプルでSalmonellaが確認された。調査は現在も継続中である。アウトブレイクを確認するためには、PFGEなどにより分離株を迅速にスクリーニングする必要がある。またその結果は、PulseNetなどのネットワークを通じて速やかにプールするべきである。

References

  • CDC. Foodborne Diseases Active Surveillance Network (FoodNet): Population Survey Atlas of Exposures, 2002. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Resources, CDC, 2004.
  • Swaminathan B, Barrett TJ, Hunter SB, Tauxe RV. PulseNet: the molecular subtyping network for foodborne bacterial disease surveillance, United States. Emerg Infect Dis 2001;7:382-9.
  • Chan ES, Aramini J, Ciebin B, et al. Natural or raw almonds and an outbreak of a rare phage type of Salmonella Enteritidis infection. Can Commun Dis Rep 2002;28:97-9.
  • Almond Board of California. Almond Almanac 2003. Modesto, California: Almond Board of California, 2003. Available at <http://www.almondboard.com/docs/current_almanac.pdf>.
  • Voetsch AC, Van Gilder TJ, Angulo FJ, et al. FoodNet estimate of the burden of illness caused by nontyphoidal Salmonella infections in the United States. Clin Infect Dis 2004;38(suppl 3):S127-34.
  • Marcus R, Rabatsky-Ehr T, Mohle-Boetani JC, et al. Dramatic decrease in the incidence of Salmonella serotype Enteritidis infections in 5 FoodNet sites: 1996-1999. Clin Infect Dis 2004;38(suppl 3):S135-41.
  • CDC. Salmonella Surveillance Summary, 2002. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 2003. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/dbmd/phlisdata/salmtab/2002/Salmonellaannualsummary2002.pdf>.
  • Patrick ME, Adcock PM, Gomez TM, et al. Salmonella Enteritidis infections, United States, 1985-1999. Emerg Infect Dis 2004;10:1-7.
  • Van Duynhoven YT, Widdowson MA, de Jager CM, et al. Salmonella enterica serotype Enteritidis phage type 4b outbreak associated with bean sprouts. Emerg Infect Dis 2002;8:440-3.
  • Haeghebaert S, Sulem P, Deroudille L, et al. Two outbreaks of Salmonella Enteritidis phage type 8 linked to the consumption of Cantal cheese made with raw milk, France, 2001. Euro Surveill 2003;8:151-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ