一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ホームデイケアセンターでの水銀中毒 ― フロリダ州・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/05Vol. 66 / No. 17

MMWR66(17):433-435
Mercury Poisoning at a Home Day Care Center — Hillsborough County, Florida, 2015

ホームデイケアセンターでの水銀中毒 ― フロリダ州ヒルズボロ郡、2015年

2015年11月12日、Florida Poison Information Center Tampaはヒルズボロ郡のFlorida Department of Healthに尿中水銀濃度が79μg/L(正常値:10μg/L未満)となった3歳男児について報告した。この患児は3~4週間続く食欲不振、体重減少、嗜眠があり、10月9日に入院した。入院時に斑状丘疹状皮疹、肢端疼痛症、頻脈、高血圧、脱力、発汗、流涎過多、精神状態の変化が発現した。これらの症状から水銀蒸気への慢性的な曝露が疑われ、男児が通っていたホームデイケアセンターを調査したところ、水銀の曝露源は壊れた血圧計であることが判明した。この血圧計はセンターのオーナーがオークションで購入し、7月初め、子供たちが実際に体験できるように子供が遊ぶエリアに置いた。その後、子供が付いていた2本の管を外したため、3週間後に撤去、オーナーは血圧計に水銀が使われていたことを知らず、また、水銀が漏れていたことも気付かなかった。11月18日の調査では、デイケアセンターの大気中濃度は89μg/m3と危険濃度に達しており、センターは直ちに閉鎖された。19日、Environmental Protection Agencyによる調査では、血圧計に水銀の小さな粒を発見、血圧計には約80g(6mL)の水銀が入っていたと推定された。カーペット、カーペットパッド、水銀に汚染したその他の家財道具を撤去したところ、カーペットの下の床に水銀の粒が認められた。床をエプソムソルトで洗浄し、室内は暖めてから換気、修復作業は2日間で完了し、水銀濃度は1.63μg/m3となった。デイケアの園児の両親、2015年7月以降のデイケアホームの訪問者に事情を知らせ、重金属曝露のスクリーニング検査を推奨した。また、子供を送迎していた自家用車の水銀汚染をスクリーニングした結果、すべて陰性であった。スクリーニングの結果、26名に曝露の可能性があり、23名を検査した結果、13名が曝露例(血液または尿水銀濃度が10μg/L超)と判断された。うち10名はデイケアの園児(中央値2.6歳、範囲:1~4歳)、3名はホーム居住者(中央値:54歳)であった。症状は無症候性または軽度であったが、長期的な不安、過度の内気、かんしゃく、眼刺激、視覚の変化、高血圧、過度の発汗を訴える患者も認められた。7例に対し体内からの水銀の排泄のため、経口の鉛解毒剤Succimerが19日間コースにて投与され、治療後、5例は尿中水銀濃度が高値を維持したが、2016年3月の時点では全例が10μg/L未満となり、水銀中毒の徴候および症状は認められていない。

References

  • Florida Department of Health. Environmental health mercury poisoning case report form. Tallahassee, Florida: Florida Department of Health; 2016. <http://www.floridahealth.gov/diseases-and-conditions/disease-reporting-and-management/disease-reporting-and-surveillance/_documents/crf-mercury.pdf>
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Children’s exposure to elemental mercury: a national review of exposure events. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2009. <https://www.atsdr.cdc.gov/mercury/docs/mercuryrtcfinal2013345.pdf>
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Health effects of mercury. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Agency for Toxic Substances and Disease Registry: 1999. <https://www.atsdr.cdc.gov/emergency_response/action_levels_for_elemental_mercury_spills_2012.pdf>
  • Florida Department of Health. Mercury poisoning. Tallahassee, FL: Florida Department of Health; 2016. <http://www.floridahealth.gov/diseases-and-conditions/disease-reporting-and-management/disease-reporting-and-surveillance/_documents/cd-mercury.pdf>
  • National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Disease. LiverTox: succimer. Bethesda, MD: National Library of Medicine, National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Disease; 2012. <https://livertox.nih.gov/Succimer.htm>
  • Brodkin E, Copes R, Mattman A, Kennedy J, Kling R, Yassi A. Lead and mercury exposures: interpretation and action. CMAJ 2007;176:59–63. <https://doi.org/10.1503/cmaj.060790>
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for mercury. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 1999. <https://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp46.pdf>
  • Florida Department of Health. Mercury spills. Tallahassee, FL: Florida Department of Health; 2015. <http://www.floridahealth.gov/environmental-health/mercury-spills/documents/liquid-mercury-day cares.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ