一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)乳児におけるHIV感染症の早期診断 ― カリブ海地・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/25Vol. 65 / No. 46

MMWR65(46):1285-1290
Early Diagnosis of HIV Infection in Infants — One Caribbean and Six Sub-Saharan African Countries, 2011–2015

乳児におけるHIV感染症の早期診断 ― カリブ海地域1カ国とサハラ砂漠以南のアフリカ6カ国、2011~2015年

2015年、15歳未満のHIV感染生存例は約140万人と推定されており(うち乳児は約17万人)、そのほとんどはサハラ砂漠以南の地域に居住する。また、2014年の小児HIV関連死亡例は全世界で15万人である。2011年以降、HIV感染小児の年間症例数は50%減少しているが、2014年におけるHIV曝露乳児のHIV診断検査率は42%であり、2015年において抗レトロウイルス治療を受ける小児HIV感染生存例は51%にとどまっており、15歳未満のHIV関連死亡率の低下には乳児期の早期診断が重要である。今回、U.S. Presidents Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR)の支援を受ける7カ国(コートジボワール、コンゴ共和国、ハイチ、マラウイ、南アフリカ、ウガンダ、ザンビア)のデータより、20112015年におけるHIV曝露乳児の生後6週間以内のHIV診断検査率について分析が行われた。この期間、これら7カ国全てにおいて乳児におけるHIV診断検査率は上昇したが(ウガンダ:513%~ザンビア:6)、生後6週間以内の検査率は依然として低く、2015年では15(コンゴ共和国)62(南アフリカ)であった(2015)。また、HIV陽性率は低下し、ウガンダでは2011年の10%から2015年には4%へ60%低下し、ハイチでは2012年の8%から2015年には6%へ25%の低下であった。20112015年における早期乳児診断検査のための乾燥血液スポット(DBS)の採取施設は南アフリカ、マラウイを除く5カ国にて増加しており、その数は南アフリカでは3,500カ所、ハイチでは129カ所であった。採血から検査の結果が出るまでの期間は22日間(ハイチ:2012)60日間(ウガンダ:20122013)であり、コートジボワールとウガンダでは2015年までに50%以上短縮していた。また、これら乳児のHIV早期診断検査に関する問題として、検査の委託ネットワークの不備、検査に要する期間が長い、サプライチェーン管理の限界等が挙げられている。

References

  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). On the fast-track to an AIDS-free generation: the incredible journey of the global plan towards the elimination of new HIV infections among children by 2015 and keeping their mothers alive. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS); 2016. <http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/GlobalPlan2016_en.pdf>
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). How AIDS changed everything. MDG 6: 15 years, 15 lessons of hope from the AIDS response. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS); 2015. <http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/MDG6Report_en.pdf>
  • Violari A, Cotton MF, Gibb DM, et al.; CHER Study Team. Early antiretroviral therapy and mortality among HIV-infected infants. N Engl J Med 2008;359:223344. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0800971>
  • World Health Organization. Recommendations on the diagnosis of HIV infection in infants and children. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. <http://whqlibdoc.who.int/publications/2010/9789241599085_eng.pdf?ua=1>
  • Kebede Y, Fonjungo PN, Tibesso G, et al. Improved specimen-referral system and increased access to quality laboratory services in Ethiopia: the role of the public-private partnership. J Infect Dis 2016;213(Suppl 2):S5964. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/jiv576>
  • Phelps BR, Ahmed S, Amzel A, et al.; Child Survival Working Group of the Interagency Task Team on the Prevention, Treatment of HIV infection in Pregnant Women, Mothers, Child. Linkage, initiation and retention of children in the antiretroviral therapy cascade. AIDS 2013;27(Suppl 2):S20713. <http://dx.doi.org/10.1097/QAD.0000000000000095>
  • Garcia A, Subbarao S, Zhang G, et al. Impact of proficiency testing program for laboratories conducting early diagnosis of HIV-1 infection in infants in low- to middle-income countries. J Clin Microbiol 2014;52:77380. <http://dx.doi.org/10.1128/JCM.03097-13>
  • Stevens W, Sherman G, Downing R, et al. Role of the laboratory in ensuring global access to ARV treatment for HIV-infected children: consensus statement on the performance of laboratory assays for early infant diagnosis. Open AIDS J 2008;2:1725. <http://dx.doi.org/10.2174/1874613600802010017>
  • Nkengasong JN, Parekh BS, Hader SL. HIV testing and human rights: the right to the right test. Lancet HIV 2016;3:e4578. <http://dx.doi.org/10.1016/S2352-3018(16)30160-6>
  • World Health Organization. WHO validates countries’ elimination of mother-to-child transmission of HIV and syphilis. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2016/mother-child-hiv-syphilis/en/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ