一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)年齢および性別によるジカウイルス疾患の発症率 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/11Vol. 65 / No. 44

MMWR65(44):1219-1223
Incidence of Zika Virus Disease by Age and Sex — Puerto Rico, November 1, 2015–October 20, 2016

年齢および性別によるジカウイルス疾患の発症率 ― プエルトリコ、2015年11月1日~2016年10月20日

プエルトリコにおける年齢および性別によるジカウイルス疾患の発症率について報告する。2015111日~20161020日、プエルトリコではジカウイルス疾患が疑われる症例から採取された62,500検体がRT-PCRおよび/またはMAC-ELISA法により検査された。その結果、28,341(45)がジカウイルス疾患確診例、1,004(2)が推定例であり、このうち1,117(4)は妊婦であった。確診/推定例の年齢中央値は32(16日齢~100)であり、18,384(63)が女性であった。全体での確診/推定例の発現率は10万人あたり844例であり、年齢別では2029(1,150/10万人)1019(1,111/10万人)にて高かった(妊婦を含む)。妊婦を除いた場合、全体では10万人あたり812例、女性の割合は61(17,267)となった。男性および非妊娠女性での発症率は年齢19歳にて795/10万人から年齢とともに増加し、ピークは1019(1,073/10万人)であった。男性では1019(1,026/10万人)をピークとして、その後年齢とともに減少したが、非妊娠女性では1019歳にて1,123/10万人から増加を継続し、3039(1,256/10万人)がピークであった。また、いずれの年齢層においても発症率は男性に比べ女性にて高値であった。男性および非妊娠女性の推定例における検査陽性率は乳児および1039歳では同等であったが、19歳および40歳以上では女性にて高く、6069歳では男性:42%、女性:51%であった。今回の調査により、プエルトリコでは男女ともにすべての年齢層においてジカウイルス感染が認められ、感染のリスクを低下するためには蚊に咬まれないよう長袖を着用する、防虫剤を使用する、窓やドアを閉めて蚊の侵入を防ぐ、溜まり水を除去または覆うなどを行い、性的感染(とくに妊婦)のリスク低下には避妊具を使用すべきである。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defectsreviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:19817. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Cao-Lormeau VM, Blake A, Mons S, et al. Guillain-Barré Syndrome outbreak associated with Zika virus infection in French Polynesia: a case-control study. Lancet 2016;387:15319. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(16)00562-6>
  • Sharp TM, Muñoz-Jordán J, Perez-Padilla J, et al. Zika virus infection associated with severe thrombocytopenia. Clin Infect Dis 2016;63:1198201.
  • Adams L, Bello-Pagan M, Lozier M, et al. Update: ongoing Zika virus transmissionPuerto Rico, November 1, 2015July 7, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:7749. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6530e1>
  • Sharp TM, Hunsperger E, Santiago GA, et al. Virus-specific differences in rates of disease during the 2010 Dengue epidemic in Puerto Rico. PLoS Negl Trop Dis 2013;7:e2159. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0002159>
  • Sharp TM, Roth NM, Torres J, et al. Chikungunya cases identified through passive surveillance and household investigationsPuerto Rico, May 5August 12, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:11218.
  • dos Santos T, Rodriguez A, Almiron M, et al. Zika virus and the Guillain-Barré Syndromecase series from seven countries. N Engl J Med 2016;375:1598601. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMc1609015>
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:253643. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>
  • Coelho FC, Durovni B, Saraceni V, et al. Higher incidence of Zika in adult women than adult men in Rio de Janeiro suggests a significant contribution of sexual transmission from men to women. Int J Infect Dis 2016;51:12832. <http://dx.doi.org/10.1016/j.ijid.2016.08.023>
  • Davidson A, Slavinski S, Komoto K, Rakeman J, Weiss D. Suspected female-to-male sexual transmission of Zika virus—New York City, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:716–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6528e2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ