一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)思春期13~17歳の全国、地方、州、地域別による予・・・

MMWR抄訳

rss

2016/08/26Vol. 65 / No. 33

MMWR65(33):850-858
National, Regional, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13–17 Years — United States, 2015

思春期13~17歳の全国、地方、州、地域別による予防接種率 ― アメリカ、2015年

Advisory Committee on Immunization Practicesは1112歳の青少年に対し、ヒトパピローマウイルス(HPV)に関連した癌、百日咳、髄膜炎菌性疾患をはじめとする疾患を予防するワクチンの定期的接種を推奨している。アメリカの青少年間のワクチン接種率を調査するために、CDC2015年のNational Immunization Survey-Teenより思春期(年齢1317)21,875例のデータを収集して分析した。2014年~2015年の1317歳の青少年間では、HPVワクチン(1回以上)接種率は、男性では41.7%から49.8%に増加したのに対し、女性では中程度の増加(60.0%から62.8)であった。同じ時期に四価髄膜炎菌結合型(MenACWY)ワクチン(1回以上)接種率は、79.3%から81.3%に増加した。全体で、HPVワクチン(1回以上)接種率は、非細胞性百日咳(Tdap)ワクチン(1回以上)接種率およびMenACWYワクチン(1回以上)接種率よりもそれぞれ30.3ポイントおよび25.2ポイント下回った。HPVワクチン接種率は、依然として女性で男性よりも高いが、推定されるポイントの差は縮まりつつある。ヒスパニック系では非ヒスパニック系白人と比べ、HPVワクチンおよびMenACWYワクチン(1回以上)接種率は上昇したが、麻疹(2回以上)、流行性耳下腺炎、風疹、B型肝炎(3回以上)のワクチン接種率は低下した。法定貧困レベルより下の世帯で暮らす青少年間では貧困レベル以上の世帯の青少年と比べ、HPVワクチンの接種率(1回および2回以上)が有意に増加した。ワクチン接種率は州により差があり、HPVワクチン(1回以上)では、男性で34.8(ケンタッキー州)80.6(ロードアイランド州)、女性で47.7(ワイオミング州)87.9(ロードアイランド州)Tdapワクチン(1回以上)では69.7(アラスカ州)97.1(ロードアイランド州)MenACWYワクチン(1回以上)では55.3(ミシシッピー州)97.7(ロードアイランド州)であった。2014年と比べ、HPVワクチンの接種率は男性では28の州/地域、女性では7州で増加した。HPVワクチン接種率は他のワクチンよりも低く、HPV関連の癌の予防の機会の喪失が続いていることが示された。

References

  • Robinson CL; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), ACIP Child/Adolescent Immunization Work Group. ACIP Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 yearsUnited States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:867. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6504a4>
  • National Committee for Quality Assurance. NCQA updates quality measures for HEDIS® 2017 (press release). Washington, DC: National Committee for Quality Assurance; 2016. <http://www.ncqa.org/newsroom/details/ncqa-updates-quality-measures-for-hedis-2017>
  • Viens LJ, Henley SJ, Watson M, et al. Human papillomavirusassociated cancersUnited States, 20082012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:6616. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6526a1>
  • Chesson HW, Ekwueme DU, Saraiya M, Dunne EF, Markowitz LE. The estimated impact of human papillomavirus vaccine coverage on the lifetime cervical cancer burden among girls currently aged 12 years and younger in the United States. Sex Transm Dis 2014;41:6569. <http://dx.doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000199>
  • Allison MA, Hurley LP, Markowitz L, et al. Primary care physicians perspectives about HPV vaccine. Pediatrics 2016;137:e20152488. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2015-2488>
  • Gilkey MB, Malo TL, Shah PD, Hall ME, Brewer NT. Quality of physician communication about human papillomavirus vaccine: findings from a national survey. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2015;24:16739. <http://dx.doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-15-0326>
  • Healy CM, Montesinos DP, Middleman AB. Parent and provider perspectives on immunization: are providers overestimating parental concerns? Vaccine 2014;32:57984. <http://dx.doi.org/10.1016/j.vaccine.2013.11.076>
  • Reagan-Steiner S, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:784–92. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6429a3>
  • Community Preventive Services Task Force. The community guide—guide to community preventive services: increasing appropriate vaccination. Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2016. <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/index.html>
  • Smulian EA, Mitchell KR, Stokley S. Interventions to increase HPV vaccination coverage: a systematic review. Hum Vaccin Immunother 2016;12:1566–88. <http://dx.doi.org/10.1080/21645515.2015.1125055>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ