一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)6歳未満の小児における血中鉛濃度 ― ミシガン州フ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/01Vol. 65 / No. 25

MMWR65(25):650-654
Blood Lead Levels Among Children Aged <6 Years — Flint, Michigan, 2013–2016

6歳未満の小児における血中鉛濃度 ― ミシガン州フリント市、2013~2016年

2014年4月25日~2015年10月15日の間、ミシガン州フリント市ではヒューロン湖を水源とするデトロイト水道公社(DWA)から、フリント川を水源とするフリント市水道システム(FWS)へ変更となり、飲用水の水質が変わったことから約99,000人の住民の健康への影響が懸念された。FWSの浄水施設では腐食管理がされておらず、しばしばフリントの水道水の鉛濃度が上昇したからである。さらに2015年1月2日には、消毒剤の副生成物であるトリハロメタンも高濃度に検出された。行政および国の調査により、5歳未満の小児においてCDCの基準値である5μg/dL以上の血中鉛濃度(BLL)が検出され、また、水道水中の鉛濃度は事業者変更後に上昇したことが明らかになった。2015年10月16日、フリント市の水道事業者はDWAに戻り、住民たちは飲水および調理に用いる水道水は濾過し、妊婦および授乳中の女性、6歳未満の小児はボトル入り飲料水を飲むように通達された。ミシガン州は、メディケイド受給および貧困レベル以下の世帯の12カ月および24カ月の小児を対象にBLL検査を実施しており、未受診の場合は36カ月および72カ月時に検査を行っている。2013年4月25日~2016年3月16日、FWSの給水地域に居住する6歳未満の小児は推定9,622名であった。CDCは、そのうち7,306名における総計9,422回のBLL検査データを用い、水道水源変更の前後におけるBLLの変化について検証した。DWAからFWSへの変更前、BLLが基準値を超えた小児の割合は3.1%であったが、変更後前半期の同割合は5.0%と変更前に比べ46%高く、有意な上昇が認められた。1~2歳児における同割合は1歳未満児に比べ有意に高く、夏期および秋期が冬期に比べ有意に高かった。FWSからDWAに戻した後、同割合は1.4%と変更前と同等のレベルに低下した。アメリカ合衆国環境保護庁は、適切に設置、管理された濾過装置により濾過された水道水は、妊婦や乳幼児を含む全住民の飲用において安全であるとしている。BLLが基準値を超えた小児に対しては、個別の症例対策が必要である。

References

  • CDC. Managing elevated blood lead levels among young children: recommendations from the Advisory Committee on Childhood Lead Poisoning Prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2002. <https://www.cdc.gov/nceh/lead/casemanagement/managingEBLLs.pdf>
  • Hanna-Attisha M, LaChance J, Sadler RC, Champney Schnepp A. Elevated blood lead levels in children associated with the Flint drinking water crisis: a spatial analysis of risk and public health response. Am J Public Health 2016;106:283–90. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2015.303003>
  • Roy S. Our sampling of 252 homes demonstrates a high lead in water risk: Flint should be failing to meet the EPA lead and copper rule. September 8, 2015. Blacksburg, VA: Virginia Tech Research Team; 2015. <http://flintwaterstudy.org/2015/09/our-sampling-of-252-homes-demonstrates-a-high-lead-in-water-risk-flint-should-be-failing-to-meet-the-epa-lead-and-copper-rule/>
  • Cosgrove E, Brown MJ, Madigan P, McNulty P, Okonski L, Schmidt J. Childhood lead poisoning: case study traces source to drinking water. J Environ Health 1989;52:346–9.
  • Chin D, Karalekas PCJ. Lead product use survey of public water supply distribution systems throughout the United States. In: proceedings of plumbing materials and drinking water quality seminar; May 16–17, 1984; Cincinnati, Ohio. EPA 600/9-85-007:110–23. Washington DC: US Environmental Protection Agency, 1985.
  • US Environmental Protection Agency. Air quality criteria document for lead (final), 2006 vol. 1. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2006.
  • Triantafyllidou S, Gallagher D, Edwards M. Assessing risk with increasingly stringent public health goals: the case of water lead and blood lead in children. J Water Health 2014;12:57–68. <http://dx.doi.org/10.2166/wh.2013.067>
  • Yiin LM, Rhoads GG, Lioy PJ. Seasonal influences on childhood lead exposure. Environ Health Perspect 2000;108:177–82. <http://dx.doi.org/10.1289/ehp.00108177>
  • Jones RL, Homa DM, Meyer PA, et al. Trends in blood lead levels and blood lead testing among US children aged 1 to 5 years, 1988-2004. Pediatrics 2009;123:e376–85. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2007-3608>
  • Davidson CI, Rabinowitz M. Lead in the environment: from sources to human receptors. In: Needleman HL, ed. Human lead exposure. Boca Raton, FL: CRC Press; 1991.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ