一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)Advisory Committee on Imm・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/05Vol. 65 / No. 4

MMWR65(4):88-90
Advisory Committee on Immunization Practices Recommended Immunization Schedule for Adults Aged 19 Years or Older — United States, 2016

Advisory Committee on Immunization Practicesの推奨する19歳以上の予防接種スケジュール ― アメリカ、2016年

2015年10月、Advisory Committee on Immunization Practicesは2016年の19歳以上の成人に対する予防接種スケジュールを承認した。2015年のスケジュールからの変更点は、1)13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13)接種後の23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV23)の間隔を免疫不全症、解剖学的/機能的無脾症、脳脊髄液漏出、人工内耳のいずれも該当しない65歳以上の場合、6~12カ月から少なくとも1年間へ変更し、これらのいずれかに該当する19歳以上では少なくとも8週間とする、2)血清型B髄膜炎菌(MenB)ワクチンは10歳以上でMenBによる疾患のリスクを認める場合に接種する、3)MenBワクチンは思春期齢または若年成人(16~23歳)に接種する、4)9価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(9vHPV)の接種を女性、男性ともに定期的に行う、が挙げられる。接種スケジュール表では、髄膜炎菌が4価結合型(MenACWY)または多糖体(MPSV4)に表示が変更され、MenBが追加された。医学的およびその他の徴候に基づき推奨される接種については、PPSV23が1回または2回接種から1、2または3回接種に変更され、免疫不全状態または機能的無脾症の場合は3回接種が可能となり、Hibワクチンは1または3回接種から3回接種(血液幹細胞移植レシピエントのみ)となった。脚注ではインフルエンザ、肺炎球菌、髄膜炎菌およびHPVワクチン接種について、1)18歳以上の卵アレルギー患者には卵タンパク質を含まないリコンビナントインフルエンザワクチンを接種する、2)肺炎球菌ワクチンについてはPCV13とPPSV23との接種間隔を少なくとも8週間以上とする前出の条件対象を19~64歳の成人から19歳以上の成人に変更し、介護施設または長期療養施設に入居する19~64歳の成人をPPSV23の接種推奨対象から外し、年齢および医学的条件から適切な接種を行うこととする、3)MenBワクチンは10歳以上で接種条件を満たす場合とし、16~23歳に対しMenB-4Cの2回接種またはMenB-FHbpの3回接種を血清型B髄膜炎菌性疾患の短期予防のため接種する、4)9vHPVワクチンの接種対象に女性および男性若年成人を追加し、女性には2vHPV、4vHPV、9vHPV、男性には4vHPV、9vHPVが使用される、となっている。

References

  • Kobayashi M, Bennett NM, Gierke R, et al. Intervals between PCV13 and PPSV23 vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:944–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6434a4>.
  • Bennett NM, Whitney CG, Moore M, Pilishvili T, Dooling KL. Use of 13-valent pneumococcal conjugate vaccine and 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine for adults with immunocompromising conditions: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:816–9.
  • Folaranmi T, Rubin L, Martin SW, Patel M, MacNeil JR. Use of serogroup B meningococcal vaccines in persons aged ≥10 years at increased risk for serogroup B meningococcal disease: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:608–12.
  • MacNeil JR, Rubin L, Folaranmi T, Ortega-Sanchez IR, Patel M, Martin SW. Use of serogroup B meningococcal vaccines in adolescents and young adults: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1171–6. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6441a3>.
  • Petrosky E, Bocchini JA Jr, Hariri S, et al. Use of 9-valent human papillomavirus (HPV) vaccine: updated HPV vaccination recommendations of the advisory committee on immunization practices. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:300–4.
  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Olsen SJ, Bresee JS, Broder KR, Karron RA. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices, United States, 2015–16 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:818–25. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6430a3>.
  • CDC. Prevention of pneumococcal disease: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Morbid Mortal Wkly Rep 1997;46(RR-08).
  • Kim DK, Bridges CB, Harriman KH; Advisory Committee on Immunization Practices. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedule for adults aged 19 years or older: United States, 2016. Ann Intern Med 2016;164:184-94. <http://dx.doi.org/10.7326/M15-3005>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ