一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)30歳以下における静注ドラッグ使用に関連したC型肝・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/08Vol. 64 / No. 17

MMWR64(17):453-458
Increases in Hepatitis C Virus Infection Related to Injection Drug Use Among Persons Aged ≤30 Years — Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012

30歳以下における静注ドラッグ使用に関連したC型肝炎ウイルス感染症の増加 ― ケンタッキー州、テネシー州、バージニア州、ウェストバージニア州、2006~2012年

2006~2012年、ケンタッキー州、テネシー州、バージニア州およびウェストバージニア州におけるC型肝炎ウイルス(HCV)感染症のサーベイランスデータより、静注ドラッグ使用(IDU)によるHCV感染リスクについて分析した。この期間、急性HCV感染症例の報告数が全国的に増加しており、ミシシッピ川東部、とくに中央アパラチアにて顕著であり、これら4州にて1,377例が報告された。年齢の明らかな1,374例のうち、616例(44.8%)が30歳以下であり、301例が都市部[男:142例、女:155例、不明:4、非ヒスパニック系白人:249例(82.7%)]、315例が非都市部[男:157例、女:156例、不明:2例、非ヒスパニック系白人:247例(78.4%)]の症例であった。感染リスクは265例(43.0%)にて明らかであり、IDUによるHCV感染例は都市部にて99/138例(71.7%)、非都市部では95/127例(74.8%)であった。2006~2012年の間にHCV感染の発症率は都市部、非都市部にていずれも有意に上昇し、発症率はいずれの年においても非都市部にて都市部の2倍以上高値であった。オピオイド依存による治療入院率はこの期間にて21.1%上昇し、オピオイド処方薬、ヘロインによる入院率はそれぞれ16.8%、7.4%の増加であり、オピオイド静注による入院率は12.6%、非オピオイド静注による入院率は2.1%の増加であった。これらの地域における静注ドラッグによるHIV感染症の増加はまだ認められていないが、HCV感染症の増加と同様にHIV感染症の増加が懸念され、薬物依存の治療の必要性が示唆される。

References

  • Denniston MM, Jiles RB, Drobeniuc J, et al. Chronic hepatitis C virus infection in the United States, National Health and Nutrition Examination Survey 2003 to 2010. Ann Intern Med 2014;160:293–300.
  • Suryaprasad AG, White JZ, Xu F, et al. Emerging epidemic of hepatitis C virus infections among young nonurban persons who inject drugs in the United States, 2006–2012. Clin Infect Dis 2014;59:1411–9..
  • Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Hepatitis C virus infection among adolescents and young adults—Massachusetts, 2002–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:537–41.
  • Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Notes from the field: hepatitis C virus infections among young adults—rural Wisconsin, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:358.
  • Zibbell JE, Hart-Malloy R, Barry J, Fan L, Flanigan C. Risk factors for HCV infection among young adults in rural New York who inject prescription opioid analgesics. Am J Public Health 2014;104:2226–32.
  • Maxwell JC. The prescription drug epidemic in the United States: A perfect storm. Drug Alcohol Rev 2011; 30:264–70.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2011 National Survey on Drug Use and Health: summary of national findings. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2012. NSDUH series H-44 (HHS publication no. (SMA) 12-4713). Available at <http://media.samhsa.gov/data/NSDUH/2011SummNatFindDetTables/Index.aspx>.
  • US Department of Health and Human Services. Combating the silent epidemic of viral hepatitis: action plan for the prevention, care, and treatment of viral hepatitis. Updated 2014–2016. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2015. Available at <http://aids.gov/pdf/viral-hepatitis-action-plan.pdf>.
  • Conrad C, Bradley HM, Broz D, et al. Community outbreak of HIV infection linked to injection drug use of oxymorphone—Indiana, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:443–4.
  • Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Integrated prevention services for HIV infection, viral hepatitis, sexually transmitted diseases and tuberculosis for persons who use drugs illicitly. Summary guidance from CDC and the U.S. Department of Health and Human Services. MMWR Recomm Rep 2012;61(No. RR-5).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ