一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)ヘロインの過剰摂取による死亡の増加 ― 28州、2・・・

MMWR抄訳

rss

2014/10/03Vol. 63 / No. 39

MMWR63(39):849-854
Increases in Heroin Overdose Deaths — 28 States, 2010 to 2012

ヘロインの過剰摂取による死亡の増加 ― 28州、2010~2012年

アメリカでは1999~2010年にかけて、オピオイド鎮痛剤(OPR)の過剰摂取による死亡は4倍になったが、ヘロインの過剰摂取による死亡率は50%未満の上昇率であった。2010年以降は各州や都市からのヘロイン過剰摂取による死亡報告数がかなり増加しており、CDCは国内28州における死亡率データを分析し、ヘロイン過剰摂取死の増加とOPRによる死亡率の変化との関連性について分析を行った。28州におけるヘロイン過剰摂取による人口10万人あたりの死亡率は2010年1.0から2012年には2.1へと101.7%上昇しており、死亡者数は1,779例から3,635例に増加していた。OPR過剰摂取による同死亡率は2010年の6.0から2012年には5.6へと6.6%低下しており、死亡者数も10,427例から9,869例へ減少していた。薬物過剰摂取による死亡率は全体で4.3%の上昇(13.0から13.6)であった。ヘロイン過剰摂取による死亡率は性別、年齢別に関わらず全て上昇し(男性:99.0%、女性:110.9%、15~24歳:86.3%、25~34歳:109.1%、35~44歳:92.6%、45~54歳:119.6%、55~64歳:102.1%)、人種/民族別では非ヒスパニック系白人:101.9%、ヒスパニック系白人:102.6%、黒人:89.3%、アメリカインディアン/アラスカ先住民(AI/AN):63.9%の上昇、地域別では北東部(211.2%)、南部(180.9%)にて大きく上昇、中西部は62.1%、西部は90.7%の上昇であった。OPR大量摂取による死亡率は男性にて12.4%低下(女性は2.2%上昇)、年齢別では55~64歳にて8.7%上昇していたが、他の年齢層では低下していた(15~24歳:-28.1%、25~34歳:-14.5%、35~44歳:-5.9%、45~54歳:-2.5%)。人種/民族別では非ヒスパニック系白人(-8.0%)、ヒスパニック系白人(-0.6%)にて低下、AI/AN(4.5%)、黒人(2.7%)にて上昇し、地域別では南部(-16.3%)と中西部(-0.7%)にて低下した。また、州別のOPR過剰摂取による死亡率は5州にて上昇、7州にて低下、16州は不変であり、ヘロイン過剰摂取による死亡を20例以上認める18州ではいずれも低下はなく、ヘロイン過剰摂取による死亡率の上昇はOPR過剰摂取による死亡率上昇と有意な相関を示し、OPR過剰摂取による死亡率低下との相関は認めなかった。

References

  • Slavova S, Bunn T, Lambert J. Drug overdose deaths, hospitalizations, and emergency department visits in Kentucky, 2000–2012. Lexington, KY: Kentucky Injury Prevention and Research Center; 2014. Available at <http://www.mc.uky.edu/kiprc/pdf/drug-overdose-report-released.pdf>.
  • Banta-Green C. Heroin trends across Washington state (ADAI Info Brief). Seattle, WA: University of Washington Alcohol and Drug Abuse Institute; 2013. Available at <http://adai.uw.edu/pubs/infobriefs/adai-ib-2013-02.pdf>.
  • Massatti R, Beeghly C, Hall O, Kariisa M, Potts L. Increasing heroin overdoses in Ohio: understanding the issue. Columbus, OH: Ohio Department of Mental Health and Addiction Services; 2014. Available at <http://mha.ohio.gov/portals/0/assets/research/reports/heroinoverdosereportfin43014.pdf>.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2012 National Survey on Drug Use and Health: summary of national findings. NSDUH Series H-46, HHS Publication No. (SMA) 13-4795. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2013.
  • Paulozzi L. Prescription drug overdoses: a review. J Safety Res 2012;43:283–9.
  • Jones CM. Frequency of prescription pain reliever nonmedical use: 2002–2003 and 2009–2010. Arch Intern Med 2012;172:1265–7.
  • Jones CM. Heroin use and heroin use risk behaviors among nonmedical users of prescription opioid pain relievers—United States, 2002–2004 and 2008–2010. Drug Alcohol Depend 2013;132:95–100.
  • Cicero TJ, Ellis MS, Surratt HL, Kurtz SP. The changing face of heroin use in the United States: a retrospective analysis of the past 50 years. JAMA Psychiatry 2014;71:821–6.
  • Warner M, Paulozzi L, Nolte K, Davis G, Nelson L. State variation in certifying manner of death and drugs involved in drug intoxication deaths. Acad Forensic Pathol 2013;3:231–7.
  • Davis GG; National Association of Medical Examiners and American College of Medical Toxicology Expert Panel on Evaluating and Reporting Opioid Deaths. National Association of Medical Examiners position paper: recommendations for the investigation, diagnosis, and certification of deaths related to opioid drugs. Acad Forensic Pathol 2013;3:77–83.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ