一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/19Vol. 63 / No. 37

MMWR63(37):805-811
Influenza Vaccination Coverage Among Health Care Personnel — United States, 2013–14 Influenza Season

医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメリカ、2013~2014年インフルエンザシーズン

Advisory Committee on Immunization Practicesはすべての医療従事者(HCP)に対し毎年インフルエンザワクチンを接種するよう推奨している。HCPに対するワクチン接種はHCPおよび彼らの患者双方におけるインフルエンザの罹患率および死亡率を低下させる。2013~2014年インフルエンザシーズンのHCPにおけるワクチン接種率について、CDCは2014年4月1~16日、HCP 1,882名を対象にオプトインインターネットパネル調査を行った。その結果、2013~2014年シーズンにおけるHCPのインフルエンザワクチン接種率は75.2%と推定され、2011~2012年シーズンに比べ11.7(パーセント)ポイント上昇し、2012~2013年シーズン(72.0%)と同等であった。職場別では病院:89.6%、外来診療/診療所:73.7%、長期療養施設:63.0%、その他の施設:71.7%、職業別では医師:92.2%、看護師:90.5%、診療看護師/医師助手(NP/PA) :89.6%、薬剤師:85.7%、他の医療スタッフ:87.4%、補助者/助手:57.7%、医療以外のスタッフ(事務員、管理者、設備保持担当、清掃員、調理員など):68.6%であり、看護師および臨床スタッフは前年から増加していた。ワクチンの接種を義務づける施設に勤めるHCPの接種率は97.8%と高く、義務ではないが接種を推奨する施設に勤めるHCPでは72.4%、義務も推奨もない施設に勤めるHCPでは47.9%であった。接種を受けたHCPの77.3%は自分の勤める施設で接種しており、その主な理由として、「自分自身の感染予防として」(43.5%)、「雇用主の指示」(25.5%)、「患者の感染予防のため」(8.5%) が挙げられた。接種を受けなかった理由としては「具合が悪くなりそう」(20.1%)、「ワクチンが有効とは思わない」(16.3%)、「必要ない」(16.0%)などが挙げられた。

References

  • CDC. Immunization of health-care personnel: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-7).
  • Carman WF, Elder WG, Wallace LA, et al. Effects of influenza vaccination of health-care workers on mortality of elderly people in long-term care: a randomized controlled trial. Lancet 2000;355:93–7.
  • Hayward AC, Harling R, Wetten S, et al. Effectiveness of an influenza vaccine programme for care home staff to prevent death, morbidity, and health service use among residents: cluster randomised controlled trial. BMJ 2006;333:1241.
  • Lemaitre M, Meret T, Rothan-Tondeur M, et al. Effect of influenza vaccination of nursing home staff on mortality of residents: a cluster-randomized trial. J Am Geriatr Soc 2009;57:1580–6.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among health-care personnel—United States, 2012–13 influenza season. MMWR 2013;62:781–6.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among health-care personnel—United States, 2011–12 influenza season. MMWR 2012;61:753–7.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among health-care personnel—2010–11 influenza season, United States. MMWR 2011;60:1073–7.
  • 8. Harris K, Maurer J, Black C, Euler G, Kadiyala S. Workplace efforts to promote influenza vaccination among healthcare personnel and their association with uptake during the 2009 pandemic influenza A (H1N1). Vaccine 2011;29:2978–85.
  • CDC. Surveillance of influenza vaccination coverage—United States, 2007–08 through 2011–12 influenza seasons. MMWR 2013;62(No. SS-04).
  • Lindley MC, Bridges CB, Strikas RA, et al. Influenza vaccination coverage among acute care hospital-based health care personnel—United States, 2013–14 influenza season. MMWR 2014;63:812–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ