一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)Borrelia burgdorferiの新しい培・・・

MMWR抄訳

rss

2014/04/18Vol. 63 / No. 15

MMWR63(15):333
Concerns Regarding a New Culture Method for Borrelia burgdorferi Not Approved for the Diagnosis of Lyme Disease

Borrelia burgdorferiの新しい培養方法がライム病の診断法として承認されなかった事に関する問題

2005年、CDCおよびFDAはライム病の検査に正確性および臨床的有用性が確立していない方法が使用されていることに警告を発表した。これらの検査は、研究室にて開発された検査であり、単一施設にて使用され、FDAの承認は受けていないものが多い。CDCは最近、ライム病の原因となるスピロヘータBorrelia burgdorferiの培養法を利用して新しく開発された検査法に関する照会を受けた。この方法は2段階のpre-enrichment過程を利用してインキュベートした後、PCR分析による(またはPCR分析を行わない)免疫染色法にて判定するものであるが、CDCによる再調査では、誤診の原因となる偽陽性が認められた。CDCはFDAにより承認された2段階検査法(EIA法にて陽性または擬陽性の場合、ウエスタンブロット法を行う)を利用するよう推奨しており、臨床検体の培養またはPCR法は特殊な場合にのみ推奨される。

References

  • CDC. Notice to readers: caution regarding testing for Lyme disease. MMWR 2005;54:125.
  • Sapi E, Pabbati N, Datar A, Davies EM, Rattelle A, Kuo BA. Improved culture conditions for the growth and detection of Borrelia from human serum. Int J Med Sci 2013;10:362–76.
  • Johnson BJ, Pilgard MA, Russell TM. Assessment of new culture method for detection of Borrelia species from serum of Lyme disease patients. J Clin Microbiol 2014;52:721–4.
  • Food and Drug Administration. Devices@FDA. [Database: search on product code LSR]. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2014. Available at <http://www.accessdata.fda.gov/scripts/cdrh/devicesatfda/index.cfm>.
  • CDC. Notice to readers: recommendations for test performance and interpretation from the Second National Conference on Serologic Diagnosis of Lyme Disease. MMWR 1995;44:590–1.
  • Aguero-Rosenfeld ME, Wang G, Schwartz I, Wormser GP. Diagnosis of Lyme borreliosis. Clin Microbiol Rev 2005;18:484–509.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ