一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)アルコールに関するテレビ広告への若者の曝露 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2013/11/08Vol. 62 / No. 44

MMWR62(44):877-880
Youth Exposure to Alcohol Advertising on Television — 25 Markets, United States, 2010

アルコールに関するテレビ広告への若者の曝露 ― アメリカ25地区、2010年

アルコールの過剰摂取による21歳未満の死亡数は4,700名/年、損失可能生存年(PLL)は280,000年と推定されている。アメリカでは2003年まで、アルコール業界が自主的に視聴者の30%超が21歳未満であると予想される時間帯のテレビ番組では広告を放送していなかったが、2003年、National Research Council/Institute of Medicine(NRC/IOM)は、このテレビ業界による制限値を15%にすべきであると提唱した。これは地方と都市部における人口比率および各放送局の視聴者の年齢層が異なることを考慮したものであるが、今回、Center on Alcohol Marketing and YouthおよびJohns Hopkins Bloomberg School of Public Healthにより25の ローカルTVマーケットにおいて放送された広告について、業界の基準(視聴者の30%超が2~20歳)とNRC/IOM基準(視聴者の15%超が12~20歳)との照合が行われた。データは2010年Nielsen Station Index Local People Meter Market Surveyを利用し、番組を全国放送のスポーツ番組、スポーツ番組以外の全国放送、ケーブルTVのスポーツ番組およびスポーツ番組以外のケーブルTVの4種類に分け(各10番組、計40)、それぞれの番組で流れたアルコールの広告の割合を分析した。その結果、アルコールの広告は計196,494回放送され、うち46,493回(23.7%)が業界の基準、69,622回(35.4%)がNRC/IOM基準を上回っていた[業界の基準についてはヒューストン(テキサス州):31.5%~ワシントンDC:16.3%、NRC/IOM基準はシカゴ(イリノイ州):45.2%~ポートランド(オレゴン州):25.9%]。これらの広告はアメリカ全体で計797,571,000回放送され、33.3%が業界の基準、54.4%がNRC/IOMの基準を上回ると推定され、今後、業界の基準を改定し、NRC/IOM基準に従って広告の放送を制限するべきであることが示唆された。

References

  • CDC. Alcohol-related disease impact. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://apps.nccd.cdc.gov/dach_ardi/default/default.aspx.>
  • Anderson P, de Bruijn A, Angus K, Gordon R, Hastings G. Impact of alcohol advertising and media exposure on adolescent alcohol use: a systematic review of longitudinal studies. Alcohol Alcohol 2009;44:229–43.
  • National Research Council and Institute of Medicine. Reducing underage drinking: a collective responsibility. committee on developing a strategy to reduce and prevent underage drinking. Washington, DC: The National Academies Press; 2004.
  • Nielsen. 2010 U.S. television universe estimates. New York, NY: Nielsen; 2009.
  • Nielsen. 2010 local market television universe estimates. New York, NY: Nielsen; 2009.
  • Center on Alcohol Marketing and Youth. Youth exposure to alcohol advertising on television, 2001–2009. Baltimore, MD: Center on Alcohol Marketing and Youth; 2010.
  • Siegel MB, Naimi TS, Cremeens JL, Nelson DE. Alcoholic beverage preferences and associated drinking patterns and risk behaviors among high school youth. Am J Prev Med 2011;40:419–26.
  • Evans J, Kelly R. Self-regulation in the alcohol industry: a review of industry efforts to avoid promoting alcohol to underage consumers. Washington, DC: Federal Trade Commission;1999.
  • Community Preventive Services Task Force. Preventing excessive alcohol consumption. The Guide to Community Preventive Services 2012; Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2013. Available at <http://www.thecommunityguide.org/alcohol/index.html.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ