一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)指定喫煙所がある、あるいは完全禁煙の9ヶ所の大規模・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/23Vol. 61 / No. 46

MMWR61(46):948-951
Indoor Air Quality at Nine Large-Hub Airports With and Without Designated Smoking Areas - United States, October-November 2012

指定喫煙所がある、あるいは完全禁煙の9ヶ所の大規模ハブ空港における屋内空気の質-アメリカ、2012年10月~11月

受動喫煙(SHS)曝露は、喫煙していない成人と小児における死亡と罹病の原因となる。屋内完全禁煙は無意識でのSHS曝露を排除するための唯一の効果的な方法である。全米29ヶ所の大規模ハブ空港のうち、現在屋内に指定喫煙所(喫煙可能なバーやレストランを含む)がある5ヶ所の空港の屋内空気の質を評価し、屋内全てを禁煙としている4ヶ所の大規模ハブ空港と比較するため、CDCはSHSの指標として呼吸域浮遊粒子状物質(RSP)のレベルを測定した。RSP(粒径<=2.5ミクロン)のデータは、2012年10月19日~11月1日のうちの1日、午前7時~午後11時のうち20~90分間(中央値30分間)に収集した。5ヶ所の空港における指定喫煙所内の平均RSPレベル(188.7μg/m3)は非喫煙区域(11.5μg/m3)に比べて16倍高く、屋内全てが禁煙の4ヶ所の空港の平均RSPレベル(8.0μg/m3)に比べて23倍高かった。指定喫煙所の隣接区域における平均RSPレベル(43.7μg/m3)も、指定喫煙所を有する空港の非喫煙区域に比べて4倍、屋内全てが禁煙の空港に比べて5倍高かった。喫煙者の密度はRSPレベルと強力に相関した。空港内の完全禁煙化により、無意識でのSHS曝露を完全に排除し全ての年齢の空港職員と旅行者をSHS曝露から防ぐことが可能である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at http://www.surgeongeneral.gov/library/ secondhandsmoke/report/fullreport.pdf. Accessed November 16, 2012.
  • CDC. Smoking restrictions in large-hub airports-United States, 2002 and 2010. MMWR 2010;59:1484-7.
  • Federal Aviation Administration. Passenger boarding (enplanement and all-cargo data for U.S. airports. Washington, DC: US Department of Transportation, Federal Aviation Administration; 2011. Available at http://www.faa.gov/airports/planning_capacity/passenger_allcargo_ stats/passenger/index.cfm?year=2010. Accessed November 16, 2012.
  • Connolly GN, Carpenter CM, Travers MJ, et al. How smoke-free laws improve air quality: a global study of Irish pubs. Nicotine Tob Res 2009;11:600-5.
  • CDC. Indoor air quality in hospitality venues before and after implementation of a clean indoor air law-western New York, 2003. MMWR 2004;53:1038-41.
  • Lee K, Hahn EJ, Robertson L, Whitten L, Jones LK, Zahn B. Air quality in and around airport enclosed smoking rooms. Nicotine Tob Res 2010;12:665-8.
  • Institute of Medicine. Secondhand smoke exposure and cardiovascular effects: making sense of the evidence. Washington, DC: The National Academies Press; 2009. Available at http://www.iom.edu/reports/2009/ secondhand-smoke-exposure-and-cardiovascular-effects-making-sense-of-the-evidence.aspx. Accessed November 16, 2012.
  • Legacy Tobacco Documents Library. Airport strategy plan, 1990. San Francisco, California: University of California, San Francisco. Available at http://legacy.library.ucsf.edu/tid/ajm30c00. Accessed November 16, 2012.
  • US Environmental Protection Agency. Area designations for 2006 24-hour fine particle (PM2.5) standards. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2006. Available at http://www.epa.gov/ pmdesignations/2006standards/index.htm. Accessed November 16, 2012.
  • Hahn EJ. Smokefree legislation: a review of health and economic outcomes research. Am J Prev Med 2010; 39(6 Suppl 1):S66-76.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ