一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)0~19歳における意図的ではない負傷による損失生存・・・

MMWR抄訳

rss

2012/10/19Vol. 61 / No. 41

MMWR61(41):830-833
Years of Potential Life Lost from Unintentional Injuries Among Persons Aged 0-19 Years - United States, 2000-2009

0~19歳における意図的ではない負傷による損失生存可能年数-アメリカ、2000~2009年

アメリカでは毎年0~19歳の若者約12,000名が非意図的な負傷のため死亡し、他に900万名が非致死的な負傷のため救急外来を受診している。CDCが2000~2009年のNational Vital Statistics Systemデータを性別、年齢、人種、負傷の原因を州別に分析した結果、この期間における0~19歳の非意図的負傷による死亡者数は115,613名、10万人あたりの損失生存可能年数(YPLL)は890で、男女別YPLLは男性:1,137、女性:630と男性にて約2倍高く、年齢別では1歳未満:1,977、1~4歳:739、5~9歳:367、10~14歳:408、15~19歳:1,768と1歳未満と15~19歳にて高かった。人種/民族別ではアメリカインディアン/アラスカ原住民(AI/AN)の男性にて最も高く(1,790)、次いで黒人男性:1,194、白人男性:1,147、AI/AN女性:1,080と続き、アジア/太平洋諸国女性(320)にて最も低かった。負傷の原因別では自動車事故による負傷が最も多く(491)、第2位の窒息死(95)の約5倍高値を示し、第3位は溺死(91)であった。州別ではミシシッピ州(1,770)、アラスカ州(1,592)、サウスダコタ州(1,573)、ワイオミング州(1,543)にて高く、マサチューセッツ州(416)、ニュージャージー州(470)、ニューヨーク州(484)、コネチカット州(521)にて低かった。これらの結果はリスクの高い若者に対する効果的な抑制戦略に利用されるものと思われる。

References

  • CDC. Premature mortality in the United States: public health issues in the use of years of potential life lost. MMWR 1986;35(2 Suppl):1S-11S.
  • Borse NN, Gilchrist J, Dellinger AM, et al. Unintentional childhood injuries in the United States: key findings from the CDC childhood injury report. J Safety Res 2009;40:71-4.
  • Xu JQ, Kochanek KD, Murphy SL, et al. Deaths: final data for 2007. Natl Vital Stat Rep 2010;58(19).
  • World Health Organization. Manual of the international statistical classification of disease, injuries, and causes of death, 10th revision. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1999.
  • CDC. Postcensal estimates of the resident population of the United States for July 1, 2000-July 1, 2006, by year, county, age, bridged race, Hispanic origin, and sex (Vintage 2006). Available at http://www.cdc. gov/nchs/nvss/bridged_race/data_documentation.htm#vintage2006. Accessed October 9, 2012.
  • Nagaraja J, Menkedick J, Phelan KJ, et al. Deaths from residential injuries in US children and adolescents, 1985-1997. Pediatrics 2005;116:454-61.
  • Peden M, Oyegbite K, Ozanne-Smith J, et al, eds. World report on child injury prevention. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at http://www.who.int/violence_injury_prevention/child/ injury/world_report/report/en/index.html. Accessed October 9, 2012.
  • Doll LS, Bonzo SE, Mercy JA, et al, eds. Handbook of injury and violence prevention. New York, NY: Springer Science Business Media, LLC; 2007.
  • Sleet DA, Ballesteros MF, Borse NN. A review of unintentional injuries in adolescents. Annu Rev Public Health 2010;31:195-212.
  • CDC. National action plan for child injury prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Injury Prevention and Control; 2012. Available at <http://www.cdc. gov/safechild/nap>. Accessed October 9, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ