一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)民間の定期旅客機内でのコウモリ曝露による狂犬病のリ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/13Vol. 61 / No. 14

MMWR61(14):242-244
Rabies Risk Assessment of Exposures to a Bat on a Commercial Airliner - United States, August 2011

民間の定期旅客機内でのコウモリ曝露による狂犬病のリスク評価-アメリカ、2011年8月

2011年8月5日、ウィスコンシン州マディソンからジョージア州アトランタへ向かう早朝便の民間旅客機(乗客50名、乗務員3名)において、離陸直後に機内後部からコウモリが飛びだしトイレに閉じ込められるまでの数分間客室内を飛び回った。この旅客機は空港へ引き返した。乗客を降ろした後に整備員がこのコウモリを捕獲しようとしたが、コウモリは外に逃げた。3日後、CDC はWisconsin Division of Public Health(WDPH)の依頼を受けこのフライトに関与した乗客45名(5名は連絡先不明)、乗務員3名、地上勤務員16名を対象に狂犬病のリスク評価を行ったが、Advisory Committee on Immunization Practicesの狂犬病予防ガイドラインに基づいた狂犬病ウイルスの曝露例はいなかった。空港の環境調査も行ったが、コウモリの生息に関するエビデンス(糞など)はなく、コウモリの目撃情報も過去数年間ほとんどなかった。公衆衛生局は、航空機内で狂犬病などの感染源に曝露した場合の対応策を準備する必要がある。

References

  • CDC. Human rabies prevention-United States, 2008: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR 2008;57(No. RR-3).
  • CNN iReport. Bat on a plane [Video]. Available at <http://ireport.cnn. com/docs/DOC-647392>. Accessed April 6, 2012.
  • Blanton JD, Palmer D, Dyer J, Rupprecht CE. Rabies surveillance in the United States during 2010. J Am Vet Med Assoc 2011;239:773-83.
  • CDC. Rabies. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/rabies/bats/ education/index.html>. Accessed April 6, 2012.
  • International Air Transport Association. Industry expects 800 million more travelers by 2014-China biggest contributor [Press release]. Singapore: International Air Transport Association; February 14, 2011. Available at <http://www.iata.org/pressroom/pr/pages/2011-02-14-02. aspx>. Accessed April 11, 2012.
  • Mangili A, Gendreau MA. Transmission of infectious diseases during commercial air travel. Lancet 2005;365:989-96.
  • CDC. Human rabies. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/rabies/location/ usa/surveillance/human_rabies.html>. Accessed April 6, 2011.
  • Fekadu M, Endeshaw T, Wondimagegnehu A, Bogale Y, Teshager T, Olson JG. Possible human-to-human transmission of rabies in Ethiopia. Ethiop Med J 1996;34:123-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ