一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)輸血サービスの強化における進歩-14ヶ国、2008・・・

MMWR抄訳

rss

2011/11/25Vol. 60 / No. 46

MMWR60(46):1577-1582
Progress Toward Strengthening National Blood Transfusion Services - 14 Countries, 2008-2010

輸血サービスの強化における進歩-14ヶ国、2008~2010年

サハラ砂漠以南のアフリカ諸国では、依然として輸血によるHIV感染が続いており、適切な血液の採取と輸血によるHIV感染の予防のための技術的、財政的援助はU.S. PEPFAR (President’s Emergency Plan for AIDS Relief)の優先課題となっている。PEPFARは2004年以来、HIV感染の問題が深刻な14ヶ国(ボツワナ、コートジボワール、エチオピア、ガイアナ、ハイチ、ケニア、モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、ルワンダ、南アフリカ、タンザニア、ウガンダ、ザンビア)において、輸血サービスのサポートを行っており、ここでは2008年1月~2010年12月における血液供給の妥当性と輸血の安全性についての分析結果を報告する。2010年、2007年に比べ血液の供給が増え、輸血用血液の収集量が増加した国は11ヶ国、2003年比では14ヶ国全てにて増加していた。人口1,000人あたりの輸血用血液のユニット数が、臨床的必要性に妥当とされる10ユニットを上回る国は南アフリカ(2003年以降、2010年:18.2)、ボツワナ(2005年以降、2010年:10.2)、ガイアナ(2009年以降、2010年:10.3)の3ヶ国であり、ナミビアでは2010年:9.8とほぼ妥当量に近い血液が収集されており、他に6ヶ国にて2007年に比べ増加を認めている。2010年、この14ヶ国のうち11ヶ国では血液の供給は全て無報酬のボランティアによるものであるか、無報酬ボランティアからの供給が増加しており、また、収集された血液のHIV陽性率は、南アフリカとザンビアを除く12ヶ国にて2007年に比べ低下していた。PEPFARが支援する国々では血液の安全性と妥当性が急速に改善していることが示され、2010年にはアンゴラ、カンボジア、カメルーン、ドミニカ共和国など16ヶ国に再編成してこれらの支援を拡大している。

References

  • Lefrere JJ, Dahourouh H, Dokekias AE, et al. Estimate of the residual risk of transfusion-transmitted human immunodeficiency virus infection in sub-Saharan Africa: a multinational collaborative study. Transfusion 2011;51:486-92.
  • CDC. Progress toward strengthening blood transfusion services-14 countries, 2003-2007. MMWR 2008;57:1273-7.
  • World Health Organization. Blood safety key global facts and figures in 2011. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/worldblooddonorday/media/who_blood_safety_factsheet_2011.pdf>. Accessed November 15, 2011.
  • World Health Organization. Status of blood safety in the WHO African Region: report of the 2006 survey. Brazzaville, Republic of Congo: World Health Organization; 2006. Available at <http://www.afro.who.int/en/divisions-a-programmes/dsd/health-technologies-a-laboratories.html>. Accessed November 15, 2011.
  • Lackritz EM, Ruebush TK, Zucker JR, et al. Blood transfusion practices and blood-banking services in a Kenyan hospital. AIDS 1993; 7:995-9.
  • Moore A, Herrera G, Nyamongo J, et al. Estimated risk of HIV transmission by blood transfusion in Kenya. Lancet 2001; 358:657-60.
  • Kimani D, Mwangi J, Mwangi M, et al. Blood donors in Kenya: a comparison of voluntary and family replacement donors based on a population-based survey. Vox Sang 2011;100:212-8.
  • World Health Organization. Blood safety and availability: facts and figures from the 2007 Blood Safety Survey. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs279/en/index.html>. Accessed November 15, 2011.
  • Basavaraju SV, Mwangi J, Nyamongo J, et al. Reduced risk of transfusion-transmitted HIV in Kenya through centrally co-ordinated blood centres, stringent donor selection and effective p24 antigen-HIV antibody screening. Vox Sang 2010;99:212-9.
  • Allain JP. Moving on from voluntary non-remunerated donors: who is the best blood donor: Br J Haematol 2011 [Epub ahead of print].

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ