一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)13~17歳の思春期におけるワクチン接種率-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2008/10/10Vol. 57 / No. 40

MMWR57(40):1100-1103
Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13-17 Years - United States, 2007

13~17歳の思春期におけるワクチン接種率-アメリカ、2007年

Advisory Committee for Immunization Practices(ACIP)は2005年、思春期齢(13~17歳)に対して新たに3種の予防接種[結合型髄膜炎菌ワクチン(MCV4;1回)、破傷風、ジフテリア、百日咳ワクチン(Tdap;1回)、4価ヒトパピローマウイルスワクチン(HPV4;3回)]および小児期に受けていない予防接種を受けるよう推奨している。CDCは2006年よりNational Immunization Survey-Teen(NIS-Teen)データから思春期齢における接種率の調査を行っており、今回、2006年と2007年データの比較分析が行われた。10歳以降の1回以上の破傷風、ジフテリア(Td)またはTdap接種率は2006年:60.1%、2007年:72.3%と有意に増加、とくに Tdapは10.8%から30.4%と大きく増加し、15~17歳に比べ13~14歳での接種率が有意に高い。MCV4接種率も2006年:11.7%、 2007年:32.4%と増加、年齢による有意な相違は認められず、HPV4接種率は1回:32.3%、2回:44.2%、3回:23.5%、HepB (3回以上)接種率は87.6%(2006年:81.3%)、MMR(2回以上)接種率は88.9%(同86.9%)であった。また、水痘発症歴は 2006年に比べ有意に減少し(2006年:69.9%、2007年:65.8%)、発症歴のない症例の75.7%は1回以上VARを接種(2006年: 65.5%)、18.8%は2回以上接種していた。Healthy People 2010ではHepB、MMR、Td/Tdap、VARの目標接種率を90%としており、HepBおよびMMRはほぼ目標値に達しており、 Td/Tdap、VAR接種率も増加している。2008年はNIS-Teenデータのサンプルサイズを拡大し、より詳細な接種率の調査が進められている。

References

  • CDC. Recommended immunization schedules for persons aged 0-18 years-United States, 2008. MMWR 2008;57:(1).
  • Smith PJ, Hoaglin DC, Battaglia MP, Khare M, Barker LE. Statistical methodology of the National Immunization Survey, 1994-2002. Vital Health Stat 2005;2(138). Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_02/sr02_138.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. 14-17: increase routine vaccination coverage levels for adolescents. In: Healthy people 2010 (conference ed., in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/objectives/14-27.htm>.
  • CDC. National vaccination coverage among adolescents aged 13-17 years-United States, 2006. MMWR 2007;56:885-8.
  • CDC. Preventing tetanus, diphtheria, and pertussis among adolescents: use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis vaccines. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55(No. RR-03).
  • Herzog TJ, Huh WK, Downs LS, Smith JS, Monk BJ. Initial lessons learned in HPV vaccination. Gynecol Oncol 2008;109 (2 Suppl):S4-11.
  • CDC. Status report on the Childhood Immunization Initiative: national, state, and urban area vaccination coverage levels among children aged 19-35 months-United States, 1996. MMWR 1997;46:657-64.
  • Broder KR, Cohn AE, Schwartz B, et al. Adolescent immunizations and other clinical preventive services: a needle and a hook? Pediatrics 2008;121:S25-34.
  • National Vaccine Advisory Committee. Standards for child and adolescent immunization. Pediatrics 2003;112:958-63.
  • Khare M, Singleton J, Wouhib A, Jain N. Assessment of potential bias in the National Immunization Survey (NIS) from the increasing prevalence of households without landline telephones. Abstract presented at the 42nd National Immunization Conference, Atlanta, GA, March 20, 2008. Available at <http://cdc.confex.com/cdc/nic2008/webprogram/paper15584.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ