一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)実験室技能試験における炭疽菌臨床検体の交差汚染-ア・・・

MMWR抄訳

rss

2008/09/12Vol. 57 / No. 36

MMWR57(36):993-995
Cross-Contamination of Clinical Specimens with Bacillus anthracisDuring a Laboratory Proficiency Test - Idaho, 2006

実験室技能試験における炭疽菌臨床検体の交差汚染-アイダホ州、2006年

2006 年7月18日、Utah Department of HealthからIdaho Department of Health and Welfareに、アイダホ州南部に住む36歳の男性がイヌに噛まれた傷の培養検体からバシラス属炭疽菌( B.anthracis)が分離されたとの報告があった。この検体はアイダホ州の病院からユタ州の民間検査研究所に送られたものであり、Utah Public Health LaboratoriesにてLaboratory Response Network(LRN)プロトコールに従って追加検査が行われたが、直接蛍光抗体(DFA)は陰性であり、PCR法でも野生型 B.anthracisのDNAが同定されず、19日にCDCのBioterrorism Rapid Response and Advanced Technology Laboratoryの精密検査に供された。また、同日(18日)、Idaho Bureau of Laboratoriesから第2の患者(45歳男性、彫刻家)から炭疽菌検査のための検体を受領したとの報告があった。この検体は2006年にこの男性がテーブルソーで手に傷を負い、埋め込まれていたワイヤーを摘出するための切開術の際に採取されたものであるが、患者に皮膚炭疽の徴候は認められず、また、第1の男性も炭疽菌感染リスクはなく、イヌを介する感染の可能性も考えられなかった。その後の調査により、この研究室にて非病原性のSterne株を含む検体での技能試験が行われており、2つの検体が実験室内で炭疽菌に感染していたことが明らかとなった。試験に実施に関する情報を疫学者が把握していなかったことから、安全キャビネット内にて交差汚染したものと考えられ、特にバイオテロに使用されるリスクの高い物質の検査予定については実験室での検査内容を周知徹底することが重要であると考えられる。

References

  • Langston C. Postexposure management and treatment of anthrax in dogs-executive councils of the American Academy of Veterinary Pharmacology and Therapeutics and the American College of Veterinary Clinical Pharmacology. AAPS J 2005;7:E272-3.
  • CDC. Emergency preparedness and response: bioterrorism agents/ diseases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.bt.cdc.gov/agent/agentlistcategory.asp>.
  • Hambleton P, Carman JA, Melling J. Anthrax: the disease in relation to vaccines. Vaccine 1984;2:125-32.
  • Turnbull PC, Broster MG, Carman JA, Manchee RJ, Melling J. Development of antibodies to protective antigen and lethal factor components of anthrax toxin in humans and guinea pigs and their relevance to protective immunity. Infect Immun 1986;52:356-63.
  • Brossier F, Mock M, Sirard JC. Antigen delivery by attenuated Bacillus anthracis: new prospects in veterinary vaccines. J Applied Microbiol 1999;87:298-302.
  • Segal-Maurer S, Kreiswirth BN, Burns JM, et al. Mycobacterium tuberculosis specimen contamination revisited: the role of laboratory environmental control in a pseudo-outbreak. Infect Control Hosp Epidemiol 1998;19:101-5.
  • Jasmer RM, Roemer M, Hamilton J, et al. A prospective, multicenter study of laboratory cross-contamination of Mycobacterium tuberculosis cultures. Emerg Infect Dis 2002;8:1260-3.
  • Katz KC, McGeer A, Low DE, Willey BM. Laboratory contamination of specimens with quality control strains of vancomycin-resistant enterococci in Ontario. J Clin Microbiol 2002;40:2686-8.
  • Carlberg DM, Yeaman MR. Biosafety in the teaching laboratory. In: Fleming DO, Hunt DL, eds. Biological safety principles and practices. Washington, DC: ASM Press; 2006.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ