一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)ラテン系アメリカ人における業務上の負傷による死亡-・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/06Vol. 57 / No. 22

MMWR57(22):597-600
Work-Related Injury Deaths Among Hispanics - United States, 1992-2006

ラテン系アメリカ人における業務上の負傷による死亡-アメリカ、1992~2006年

2006年のアメリカにおけるラテン系アメリカ人労働者は約1,960万人と推定されており、うち56%は外国生まれである。このラテン系労働者における業務上の負傷による死亡に関して、CDCとBureau of Labor Statistics Census of Fatal Occupational Injuries(BLS CFOI)は1992~2006年の死亡証明書、補償報告書、監察医および警察の報告書データを分析し、今回その報告がまとめられた。1992~2006年において、負傷により死亡したラテン系労働者は合計11,303例、この時期におけるアメリカ全体の負傷によリ死亡した労働者の約13%を占めていた。年齢(中央値)はラテン系労働者にて35歳、他の人種では42歳であり、性別は約95%が男性であった。年間死亡率は1995年を除き全アメリカ人労働者の死亡率よりも高かった。2006年の10万人あたりの死亡率はアメリカ全体では10万人あたり4.0、ラテン系労働者5.0、非ラテン系白人4.0、非ラテン系黒人3.7であった。原因は1992~1996年では殺人が最が多かったが、1997~2006年では2000年と2006年を除き高速道路における事故が最も多かった。業務上の殺人は1992年から2006年にかけて37%減少したが、転落による死亡はこの期間370%増加していた。2003~2006年に死亡したラテン系労働者の職業は建設業が最も多く(34%)、次いで行政職種/廃棄物関係(11%)、農業/林業/漁業/狩猟関係(10%)、運送/倉庫業(10%)と続き、また、67%は外国での出生者であった。州別死亡者数はカリフォルニア(773名)、テキサス(687)、フロリダ(417)にて多く、死亡率はサウスカロライナ(10万ラテン系労働者あたり22.8)、オクラホマ(10.3)、ジョージア(9.6)、テネシー(8.9)にて高かった。以上、外国生まれのラテン系労働者は死亡リスクが高く、建設業での死亡が多いことから、これらの労働者が危険な仕事に従事していることが示唆される。また、安全に関する知識や認識が低く、言葉の壁による意志の疎通や現場での教育に問題があることも指摘されており、今後の対応が急務である。

References

  • Franklin JC. Employment outlook: 2006-16: An overview of BLS projections to 2016. Monthly Labor Review, November 2007:3-12. Available at <http://www.bls.gov/opub/mlr/2007/11/art1full.pdf>.
  • Bureau of Labor Statistics. Current Population Survey, 2006, and labor force, employment and unemployment from the Current Population Survey. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2003. Available at <http://www.bls.gov/cps/home.htm>.
  • Loh K, Richardson S. Foreign-born workers: trends in fatal occupational injuries. Monthly Labor Review, June 2004:42-53. Available at <http://www.bls.gov/opub/mlr/2004/06/art3full.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/ document/html/volume2/20occsh.htm>.
  • Richardson S, Ruser J, Suarez P. Hispanic workers in the United States: An analysis of employment distributions, fatal occupational injuries, and nonfatal occupational injuries. In: Safety is seguridad: a workshop summary. Washington, DC: The National Academies Press; 2003. Available at <http://books.nap.edu/openbook.php?record_id=10641&page=43>.
  • Dong X, Platner J. Occupational fatalities of Hispanic construction workers from 1992 to 2000. Am J Ind Med 2004;45:45-54.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. NIOSH en Español. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/spanish/niosh>.
  • Occupational Health and Safety Administration. OSHA compliance assistance: Hispanic workers and employers. Available at <http://www.osha.gov/dcsp/compliance_assistance/index_hispanic.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ