一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)自己申告による産後うつ症状の有病率-17州、200・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/11Vol. 57 / No. 14

MMWR57(14):361-366
Prevalence of Self-Reported Postpartum Depressive Symptoms - 17 States, 2004-2005

自己申告による産後うつ症状の有病率-17州、2004-2005年

産後うつ(PPD)は産後1年以内の母親の10-15%に認められ、年齢の若い母親、配偶者によるストレスや身体的虐待を受けている母親に多い。今回、CDCは国内17州のPregnancy Risk Assessment Monitoring System(PRAMS)の最新データ(2004-2005年)から、自己申告による産後うつ症状(PDS)の有病率とその危険因子の分析を行った。回答率は17州において2004、2005年ともに70%以上であり、PDSの有病率は11.7%(メイン州)~20.4%(ニューメキシコ州)であった。PDSは母親の年齢、結婚状態、教育レベル、分娩に対するMedicaidの適用と有意な相関を示した。またPDSの中央値(%)の差は、低年齢層と高年齢層では13.4ポイント、教育レベルに関しては13.6ポイントの差があり、結婚状態では9.7ポイント、Medicaidでは11.0ポイントの相違が認められた。また、人種/民族別のデータのある13州においては非ラテン系白人女性での有病率が他の人種/民族より低かった。危険因子の分析では妊娠後期3ヶ月以内の喫煙(10.7ポイント)、妊娠前および妊娠中の暴力的虐待(22.4ポイント)、妊娠中の配偶者によるストレス(16.4ポイント)、外傷的ストレス(16.4ポイント)および経済的ストレス(9.2ポイント)の有無による有病率の相違が認められた。また、14州では低体重児の出産(5.7ポイント)および妊娠中の精神的ストレス(5.2ポイント)との有意な相関が認められ、9州ではNICUへの入院(6.2ポイント)との相関も認められている。産後のうつ障害は産後数週間に起こり、治療介入の必要がない軽症の”ベイビーブルー”から、産後数年持続し、治療介入を要するPPDまで多岐にわたる。PPDの予防には産後4~6週間におけるスクリーニングが有効とされ、州や地域の保健所および医療機関は母親の精神状態、新生児の健康状態のスクリーニングから、必要に応じて適切な精神的ケアを提供していくことが重要であると考える。

References

  • O’Hara MW, Swain AM. Rates and risk of postpartum depression-A meta-analysis. Int Rev Psychiatry 1996;8:37-54.
  • Schmidt RM, Wiemann CM, Rickert VI, Smith EO. Moderate to severe depressive symptoms among adolescent mothers followed four years postpartum. J Adolesc Health 2006;38:712-8.
  • Gross KH, Wells CS, Radigan-Garcia A, Dietz PM. Correlates of selfreports of being very depressed in the months after delivery: results from the Pregnancy Risk Assessment Monitoring System. Matern Child Health J 2002;6:247-53.
  • Shulman HB, Gilbert BC, Lansky A. The Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS): current methods and evaluation of 2001 response rates. Public Health Rep 2006;121:74-83.
  • Whooley MA, Avins AL, Miranda J, Browner WS. Case-finding instruments for depression. Two questions are as good as many. J Gen Intern Med 1997;12:439-45.
  • Berg AO. Screening for depression: recommendations and rationale. Am J Nurs 2002;102:77-80.
  • McLearn KT, Minkovitz CS, Strobino DM, Marks E, Hou W. Maternal depressive symptoms at 2 to 4 months post partum and early parenting practices. Arch Pediatr Adolesc Med 2006;160:279-84.
  • Taveras EM, Capra AM, Braveman PA, Jensvold NG, Escobar GJ, Lieu TA. Clinician support and psychosocial risk factors associated with breastfeeding discontinuation. Pediatrics 2003;112:108-15.
  • Dietz PM, Williams SB, Callaghan WM, Bachman DJ, Whitlock EP, Hornbrook MC. Clinically identified maternal depression before, during, and after pregnancies ending in live births. Am J Psychiatry 2007; 164:1515-20.
  • Chaudron LH, Szilagyi PG, Campbell AT, Mounts KO, McInerny TK. Legal and ethical considerations: risks and benefits of postpartum depression screening at well-child visits. Pediatrics 2007;119:123-8..

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ