一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)乳児の非致死性虐待-アメリカ、2005年10月~2・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/04Vol. 57 / No. 13

MMWR57(13):336-339
Nonfatal Maltreatment of Infants - United States, October 2005-September 2006

乳児の非致死性虐待-アメリカ、2005年10月~2006年9月

アメリカにおいて小児虐待死の約19%は乳児(1歳未満)で起こり、殺人統計では致死性リスクは生後1週間が最高である可能性が示唆されている。しかし乳児における非致死性虐待のリスクは全国レベルで調査されたことがない。アメリカにおける非致死性乳児虐待の実態を調査するため、CDCと連邦ACFは2005年10月~2006年9月に収集したNational Child Abuse and Neglect Data System(NCANDS)のデータを分析した。この期間中、1歳未満の乳児91,278例が非致死性虐待を経験し、その年間発生率は23.2例/1,000人であった。このうち47,117例(51.6%)は男児で、人種/民族別では39,768例(43.6%)が白人、23,008例(25.2%)が黒人あるいはアフリカ系、17,582例(19.3%)がラテンアメリカ系、1,141例(1.3%)がアメリカンインディアン/アラスカ原住民、583例(0.6%)がアジア系であった。また91,278例中35,455例(38.8%)は生後1ヶ月以内であり、このうち29,881例(84.3%)は生後1週以内であった。生後1週以内の乳児における虐待カテゴリーは、20,472例(68.5%)がネグレクト、3,957例(13.2%)が身体的虐待であった。また生後1週以内の乳児29,881例中25,964例(86.9%)は専門家(19,486例[65.2%]:医療従事者、5,542例[18.5%]:社会福祉関係者)が小児保護サービス(CPS)機関に虐待を報告しており、生後1ヶ月以内の21,545例(60.8%)、1歳未満の29,462例(32.3%)も医療従事者による報告であった。非致死性虐待とネグレクトの病因は、NCANDSデータからは明らかにならなかった。生後1週以内の乳児における効果的な虐待予防法を開発するためには、この年齢群におけるネグレクトのより詳細な特徴を明らかにする必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services, Administration on Children, Youth and Families. Child maltreatment 2006. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. In press.
  • CDC. Variation in homicide during infancy-United States, 1989-1998. MMWR 2002;51:187-9.
  • Birchfield M, Scully J, Handler A. Perinatal screening for illicit drugs: policies in hospitals in a large metropolitan area. J Perinatol 1995;15: 208-14.
  • Leeb RT, Paulozzi L, Melanson C, Simon T, Arias I. Child maltreatment surveillance: uniform definitions for public health and recommended data elements, version 1.0. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008.
  • American Academy of Pediatrics, Committee on Child Abuse and Neglect. Shaken baby syndrome: rotational cranial injuries-technical report. Pediatrics 2001;108:206-10.
  • Levi BH, Brown G. Reasonable suspicion: a study of Pennsylvania pediatricians regarding child abuse. Pediatrics 2005;116:e5-12.
  • Markenson D, Tunik M, Cooper A, et al. A national assessment of knowledge, attitudes, and confidence of prehospital providers in the assessment and management of child maltreatment. Pediatrics 2007;119:e103-8.
  • Martin JA, Hamilton BE, Sutton PD, et al. Births: final data for 2005. Natl Vital Stat Rep 2007;56(6).
  • Dias MS, Smith K, DeGuehery K, Mazur P, Li V, Shaffer ML. Preventing abusive head trauma among infants and young children:a hospital-based, parent education program. Pediatrics 2005;115: e470-7.
  • Bilukha O, Hahn RA, Crosby A, Task Force on Community Preventive Services. The effectiveness of early childhood home visitation in preventing violence: a systematic review. Am J Prev Med 2005;28(2 suppl 1):11-39.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ