一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)成人労働者におけるたばこ使用 ― アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/27Vol. 66 / No. 42

MMWR66(42):1130-1135
Tobacco Use Among Working Adults — United States, 2014–2016

成人労働者におけるたばこ使用 ― アメリカ、2014年~2016年

アメリカにおいて、紙巻たばこの使用率はここ数十年で大幅に低下しているが、近年は紙巻たばこ以外のたばこや、複数種のたばこの使用が増加している。CDCは、National Health Interview Surveyの2014~2016年のデータから、成人労働者における現在(毎日または数日)のたばこ製品の使用状況について産業・職業別に解析した。2014~2016年、18歳以上の成人2億4,200万人のうち1億4,800万人(61.2%)が調査週に就業していた。成人労働者の22.1%(3,270万人)が、現在いずれかのたばこ製品を使用しており、15.4%が紙巻たばこ、5.8%がその他の可燃性たばこ(葉巻、パイプタたばこ、水たばこ、極細の葉巻、ビディ)、3.0%が無煙たばこ、3.6%が電子たばこを使用していた。4.6%(690万人)は2種類以上のたばこ製品を使用していた。喫煙者は、男性(27.4%)、非ヒスパニック系白人(24.8%)、18~34歳(24.9%)、高卒以下の学歴(30.1%)、医療保険未加入者(33.9%)、貧困レベル未満の生活状況(28.5%)、中西部州(25.8%)に多かった。たばこの種類にかかわらず、産業別喫煙率は教育サービス業従事者の11.0%から建設業従事者の34.0%まで、職業別では自然科学および社会科学関連職の9.3%から設置、保守、修理関連職の37.2%まで幅があった。紙巻たばこの使用率は宿泊および飲食サービス業(24.0%)および建設、採掘職(25.8%)で最も高かった。その他の可燃性タバコは公益産業(9.0%)および保安警護職(10.2%)で高く、無煙たばこは鉱業(14.3%)および設置、保守、修理関連職(9.6%)で、電子たばこは宿泊および飲食サービス業(5.8%)および設置、保守、修理関連職(7.9%)で高かった。成人労働者におけるたばこ製品の使用を低減するには効果の立証されている介入が重要であり、職場における喫煙コントロールは特に喫煙率の低減に有効である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • Syamlal G, Jamal A, Mazurek JM. Combustible tobacco and smokeless tobacco use among working adults—United States, 2012 to 2014. J Occup Environ Med 2016;58:1185–9. <https://doi.org/10.1097/JOM.0000000000000898>
  • Sung HY, Wang Y, Yao T, Lightwood J, Max W. Polytobacco use of cigarettes, cigars, chewing tobacco, and snuff among US adults. Nicotine Tob Res 2016;18:817–26. <https://doi.org/10.1093/ntr/ntv147>
  • Syamlal G, Jamal A, King BA, Mazurek JM. Electronic cigarette use among working adults—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:557–61. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6522a1>
  • Cahill K, Moher M, Lancaster T. Workplace interventions for smoking cessation. Cochrane Database Syst Rev 2008;(4):CD003440.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/pdfs/2014/comprehensive.pdf>
  • Castellan RM, Chosewood LC, Trout D, et al. Current intelligence bulletin 67: promoting health and preventing disease and injury through workplace tobacco policies. Morgantown, WV: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2015. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/2015-113>
  • Bombard JM, Pederson LL, Nelson DE, Malarcher AM. Are smokers only using cigarettes? Exploring current polytobacco use among an adult population. Addict Behav 2007;32:2411–9. <https://doi.org/10.1016/j.addbeh.2007.04.001>
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among persons aged 17 years or older: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988– 1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14. <https://doi.org/10.1093/aje/153.8.807>
  • Bauer JE, Hyland A, Li Q, Steger C, Cummings KM. A longitudinal assessment of the impact of smoke-free worksite policies on tobacco use. Am J Public Health 2005;95:1024–9. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2004.048678>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ