一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/29Vol. 66 / No. 38

MMWR66(38):1016-1022
Influenza Vaccination Coverage Among Pregnant Women — United States,

妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメリカ、2016/17インフルエンザシーズン

妊婦や幼児におけるインフルエンザ関連疾患の重篤化リスクは高く、Advisory Committee on Immunization Practicesは2004年以降、妊娠週数に関わらず、すべての妊婦および妊娠の可能性がある女性に対し、インフルエンザシーズン中のワクチン接種を勧奨している。2016/17シーズンにおける妊婦のワクチン接種率を評価するため、2017年3月28日~4月7日、CDCはインターネットパネル調査を実施し、2016年10月~2017年1月のいずれかの時点で妊娠中であった回答者1,893名について解析した。その結果、回答者の53.6%がワクチン接種を受け、16.2%は妊娠前、37.4%は妊娠中に受けたと回答し、この割合は前4シーズンと同程度であった。接種率は、18~24歳(41.7%)が25~34歳(58.4%)および35~49歳(58.5%)より低く、ヒスパニック系(61.2%)が非ヒスパニック系白人(55.4%)および非ヒスパニック系黒人(42.3%)より高かった。接種率の高いサブグループは、高学歴、既婚、民間または軍人用医療保険に加入、就業中、経済状態が貧困レベル以上、などであった。妊婦の67.3%は医療機関を受診時にワクチン接種を推奨され、かつそこで接種が可能だったと回答し、11.9%は推奨されたが接種の提供はなく、20.7%は推奨もなかった。それぞれの接種率は、70.5%、43.7%、14.8%であった。推奨されたがその医療機関で接種の提供がなかったと回答した11.9%(221名)のうち、51.0%(114名)は他の医療機関を紹介され、36.7%はそこで接種を受けた。他の医療機関の紹介がなかった場合の接種率は12.5%に留まった。以上のエビデンスに基づき、妊婦の接種機会の逸失を防ぐには、医療機関での接種の勧奨や代替機関の紹介など実効ある手段の実施が必要と考えられる。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Uyeki TM. Effects of influenza on pregnant women and infants. Am J Obstet Gynecol 2012;207(3 Suppl):S3–8.
  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Broder KR, et al. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), United States, 2016–17 influenza season. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-05). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6505a1>
  • Ding H, Black CL, Ball S, et al. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2014–15 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1000–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6436a2>
  • Orenstein WA, Gellin BG, Beigi RH, et al.; National Vaccine Advisory Committee. Recommendations from the National Vaccine Advisory committee: standards for adult immunization practice. Public Health Rep 2014;129:115–23. <https://doi.org/10.1177/003335491412900203>
  • Stark LM, Power ML, Turrentine M, et al. Influenza vaccination among pregnant women: patient beliefs and medical provider practices. Infect Dis Obstet Gynecol 2016;2016:3281975. <https://www.hindawi.com/journals/idog/2016/3281975/2016.>
  • Ahluwalia IB, Ding H, Harrison L, D’Angelo D, Singleton JA, Bridges C; Pregnancy Risk Assessment Monitoring System Influenza Working Group. Disparities in influenza vaccination coverage among women with live-born infants: PRAMS surveillance during the 2009–2010 influenza season. Public Health Rep 2014;129:408–16. <https://doi.org/10.1177/003335491412900504>
  • Lindley MC, Wortley PM, Winston CA, Bardenheier BH. The role of attitudes in understanding disparities in adult influenza vaccination. Am J Prev Med 2006;31:281–5. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2006.06.025>
  • Koepke R, Kahn D, Petit AB, et al. Pertussis and influenza vaccination among insured pregnant women—Wisconsin, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:746–50.
  • Kennedy ED, Ahluwalia IB, Ding H, Lu P-J, Singleton JA, Bridges CB. Monitoring seasonal influenza vaccination coverage among pregnant women in the United States. Am J Obstet Gynecol 2012;207(Suppl):S9–16. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2012.06.069>
  • Mazzoni SE, Brewer SE, Pyrzanowski JL, et al. Effect of a multi-modal intervention on immunization rates in obstetrics and gynecology clinics. Am J Obstet Gynecol 2016;214:617.e1–7. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2015.11.018>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ