一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)感染の可能性がある疾患に対する模擬患者による抜き打・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/15Vol. 66 / No. 36

MMWR66(36):945-949
Assessment of Hospital Emergency Department Response to Potentially Infectious Diseases Using Unannounced Mystery Patient Drills — New York City, 2016

感染の可能性がある疾患に対する模擬患者による抜き打ち演習を用いた病院の救急外来における対応の評価 ― ニューヨーク市、2016年

近年の感染症アウトブレイクでは、医療ケアシステムの脆弱性と重度の感染症である可能性がある患者の迅速な検知と隔離の重要性が指摘されている。2015年12月~2016年3月、ニューヨーク市内の49の救急病院にて、麻疹または中東呼吸器症候群(MERS)の模擬患者による抜き打ち演習が実施された。演習では、1)スタッフの手指の消毒や感染防御装備の装着といった感染症コントロール手順の遵守、2)海外渡航歴の質問など感染症スクリーニングと管理手段の実施の関連、3)患者入室からトリアージ、マスク装着、隔離までの時間、などが評価され、トリアージまでの待ち時間が30分を超えた場合は不合格となった。計95例(麻疹53例、MERS 42例)の演習のうち、76例(80%)は最近の発熱、81例(85%)は最近の渡航歴について質問された。発疹や皮膚の異常については47例(50%)、呼吸器症状については69例(68%)が質問された。模擬患者84例(88%)がマスクを渡された[麻疹:45例(85%)、MERS:39例(93%)]。渡航歴についての質問が有った場合は88%でマスクの装着と隔離が実施され、無かった場合(21%)より有意に高かった。のべ95件の演習のうち74件(78%)が合格となり[麻疹:39回(74%)、MERS:35回(83%)]、疾病間に有意差はなかった。49病院のうち19 (39%)は1回以上不合格となった。患者の入室からマスク装着までの時間は中央値1.5分(0~47分)、入室から隔離までの時間は中央値8.5分(1~57分)であった。このような演習は他の自治体でも実施が可能であり、病院の感染症への対応能力を向上させることが示唆された。

References

  • US Department of Homeland Security. Homeland security exercise and evaluation program (HSEEP), April 2013. Washington, DC: US Department of Homeland Security; 2013. <https://www.fema.gov/media-library-data/20130726-1914-25045-8890/hseep_apr13_.pdf>
  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. NYC DOHMH guidance document for development of protocols for management of patients presenting to hospital emergency departments and clinics with potentially communicable diseases of public health concern. New York City, NY: New York City Department of Health and Mental Hygiene; October 2014. <http://www.programinfosite.com/oepr/files/2014/10/Guidance-document-final-version-10-06-14.pdf>
  • Maltezou HC, Wicker S. Measles in health-care settings. Am J Infect Control 2013;41:661–3. <https://doi.org/10.1016/j.ajic.2012.09.017>
  • McDonald LC, Simor AE, Su IJ, et al. SARS in healthcare facilities, Toronto and Taiwan. Emerg Infect Dis 2004;10:777–81. <https://doi.org/10.3201/eid1005.030791>
  • Foote MK, Daver R, Quinn C. Lessons learned from the use of “mystery patient” drills to assess hospital Ebola preparedness in New York City, 2014–2015. Health Secur. In press 2017.
  • Adini B, Goldberg A, Cohen R, Bar-Dayan Y. Relationship between standards of procedures for pandemic flu and level of hospital performance in simulated drills. Ann Emerg Med 2008;52:223–9. <https://doi.org/10.1016/j.annemergmed.2008.03.022>
  • Cardeñosa N, Domínguez A, Carratalà J, et al. Usefulness of simulated cases for assessing pandemic influenza preparedness plans. Clin Microbiol Infect 2010;16:1364–7. <https://doi.org/10.1111/j.1469-0691.2010.03144.x>
  • Hsu SM, Chien LJ, Tseng SH, Kuo SH. A no-notice drill of hospital preparedness in responding to Ebola virus disease in Taiwan. Health Secur 2015;13:339–44. <https://doi.org/10.1089/hs.2015.0022>
  • Klein KR, Atas JG, Collins J. Testing emergency medical personnel response to patients with suspected infectious disease. Prehosp Disaster Med 2004;19:256–65. <https://doi.org/10.1017/S1049023X00001850>
  • Leiba A, Goldberg A, Hourvitz A, et al. Lessons learned from clinical anthrax drills: evaluation of knowledge and preparedness for a bioterrorist threat in Israeli emergency departments. Ann Emerg Med 2006;48:194–9, 199.e1–2. <https://doi.org/10.1016/j.annemergmed.2005.12.006>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ