一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)トランスジェンダーの女性および男性におけるHIV検・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/25Vol. 66 / No. 33

MMWR66(33):883-887
HIV Testing Among Transgender Women and Men — 27 States and Guam, 2014–2015

トランスジェンダーの女性および男性におけるHIV検査 ― 27州およびグアム、2014年~2015年

CDCはHIV感染リスクの高い人に対し、少なくとも年1回のHIVスクリーニング検査を推奨しているが、トランスジェンダーはこの対象になっていない。今回、Behavioral Risk Factor Surveillance Systemデータから、2014~2015年、27州およびグアムにてトランスジェンダーの女性および男性におけるHIV検査状況について分析した。分析対象はトランスジェンダー女性が732名、トランスジェンダー男性が451名、非トランスジェンダー(シスジェンダー)ゲイおよびバイセクシュアル男性が3,798名、シスジェンダーヘテロセクシュアル男性および女性が301,524名であり、非補正HIV検査率はそれぞれ37.5%、36.6%、66.2%、35.2%、1年以内の検査率は11.7%、12.4%、27.5%、8.6%であった。黒人のトランスジェンダー女性および男性の検査率はそれぞれ62.6%、66.9%と白人(33.2%、30.7%)に比べ高く、また、黒人トランスジェンダー女性のうち、うつ病の診断歴のある人の検査率が68.5%ともっとも高かった。人口統計学的補正後の検査率はトランスジェンダー女性および男性にてそれぞれ35.6%、31.6%であり、1年以内の検査率は10.0%、10.2%であった。シスジェンダーゲイおよびバイセクシュアル男性では61.8%(1年以内:21.6%)、シスジェンダーヘテロセクシュアル男性および女性では35.2%(同:8.6%)であった。以上、トランスジェンダーの女性および男性ではHIV検査率が低いことが示され、トランスジェンダーを対象とした刷新的および適切なアプローチによりHIV検査率を増加させていくことが急務と考える。

References

  • Habarta N, Wang G, Mulatu MS, Larish N. HIV testing by transgender status at CDC-funded sites in the United States, Puerto Rico, and US Virgin Islands, 2009–2011. Am J Public Health 2015;105:1917–25. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2015.302659>
  • Reisner SL, Murchison GR. A global research synthesis of HIV and STI biobehavioural risks in female-to-male transgender adults. Glob Public Health 2016;11:866–87. <https://doi.org/10.1080/17441692.2015.1134613>
  • CDC. HIV infection risk, prevention, and testing behaviors among men who have sex with men—National HIV Behavioral Surveillance, 20 U.S. cities, 2014. HIV surveillance special report, no 15; Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-hssr-nhbs-msm-2014.pdf>
  • Lansky A, Johnson C, Oraka E, et al. Estimating the number of heterosexual persons in the United States to calculate national rates of HIV infection. PLoS One 2015;10:e0133543. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0133543>
  • Herbst JH, Jacobs ED, Finlayson TJ, McKleroy VS, Neumann MS, Crepaz N; HIV/AIDS Prevention Research Synthesis Team. Estimating HIV prevalence and risk behaviors of transgender persons in the United States: a systematic review. AIDS Behav 2008;12:1–17. <https://doi.org/10.1007/s10461-007-9299-3>
  • Cooley LA, Wejnert C, Rose CE, et al.; National HIV Behavioral Surveillance Study Group. Increases in recent HIV testing among men who have sex with men coincide with the CDC’s expanded testing initiative. Clin Infect Dis 2015;60:483–5. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu851>
  • Yehia BR, Cui W, Thompson WW, et al. HIV testing among adults with mental illness in the United States. AIDS Patient Care STDS 2014;28:628–34. <https://doi.org/10.1089/apc.2014.0196>
  • Lippman SA, Moran L, Sevelius J, et al. Acceptability and feasibility of HIV self-testing among transgender women in San Francisco: a mixed methods pilot study. AIDS Behav 2016;20:928–38. <https://doi.org/10.1007/s10461-015-1236-2>
  • Scheim AI, Santos G-M, Arreola S, et al. Inequities in access to HIV prevention services for transgender men: results of a global survey of men who have sex with men. J Int AIDS Soc 2016;19(Suppl 2):20779. <https://doi.org/10.7448/IAS.19.3.20779>
  • Reback CJ, Ferlito D, Kisler KA, Fletcher JB. Recruiting, linking, and retaining high risk transgender women into HIV prevention and care services: an overview of barriers, strategies, and lessons learned. Int J Transgenderism 2015;16:209–21. <https://doi.org/10.1080/15532739.2015.1081085>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ