一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)成人および青少年におけるコンタクトレンズ関連眼感染・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/18Vol. 66 / No. 32

MMWR66(32):841-845
Risk Behaviors for Contact Lens–Related Eye Infections Among Adults and Adolescents — United States, 2016

成人および青少年におけるコンタクトレンズ関連眼感染症に関するリスク行動 ― アメリカ、2016年

コンタクトレンズ関連眼感染症は、時に失明などの重篤な転帰をもたらす。装着したままの睡眠や、水での洗浄、交換時期を守らない、消毒薬の再利用など複数のリスク因子が関連している。2015年、CDCはアメリカの成人のコンタクトレンズ使用者における眼感染症のリスクを有する人口統計などについて報告した。今回は、Porter Novelli社の2016年のsummer HealthStyles and YouthStyles surveyデータを用い、アメリカにおける12~17歳の青少年1,618名と18歳以上の成人4,548名について解析した。人口構成に基づく補正の結果、2016年、12~17歳の青少年360万人(同年齢の14.5%)、18~24歳の若年成人750万人(同:24.4%)、25歳以上の成人3,390万人(同:15.5%)がコンタクトレンズの使用者と推計された。そのうち、成人の90.4%および青少年の87.8%はソフトレンズを使用していた。衛生的リスク行動に関しては、コンタクトレンズを使用する25歳以上の成人の87.5%、若年成人の80.9%、青少年の85.3%がリスク行動を取っていた。最も多かったリスク行動は、青少年では、眼科の定期検診を1年以上受診していない、装着したままの睡眠または水泳、であった。若年成人および25歳以上の成人では、レンズの交換間隔を処方よりも延長、レンズ保管ケースの交換時期を推奨よりも延長、装着したままの水泳または睡眠、であった。レンズの購入先はかかりつけの眼科医を通してが、どの年代でも大多数であったが、若年成人と成人ではインターネットでの購入が青少年よりも多かった。眼科の受診を要するような目の充血や痛みを経験したことがある、との回答は、若年成人(14.6%、110万人)および成人(11.4%、390万人)が、青少年(4.2%、15万2,000人)よりも多かった。以上の結果から、コンタクトレンズ関連眼感染症を予防するには各年齢層をターゲットとした予防メッセージの作成が必要であり、特にレンズケースの定期的な交換や、装着したままの睡眠を避けるよう強調すべきである。

References

  • Stapleton F, Keay L, Jalbert I, Cole N. The epidemiology of contact lens related infiltrates. Optom Vis Sci 2007;84:257–72. <https://doi.org/10.1097/OPX.0b013e3180485d5f>
  • Wagner H, Richdale K, Mitchell GL, et al.; CLAY Study Group. Age, behavior, environment, and health factors in the soft contact lens risk survey. Optom Vis Sci 2014;91:252–61.
  • Chalmers RL, Wagner H, Mitchell GL, et al. Age and other risk factors for corneal infiltrative and inflammatory events in young soft contact lens wearers from the Contact Lens Assessment in Youth (CLAY) study. Invest Ophthalmol Vis Sci 2011;52:6690–6. <https://doi.org/10.1167/iovs.10-7018>
  • Cope JR, Collier SA, Rao MM, et al. Contact lens wearer demographics and risk behaviors for contact lens-related eye infections—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:865–70. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6432a2>
  • Stapleton F, Edwards K, Keay L, et al. Risk factors for moderate and severe microbial keratitis in daily wear contact lens users. Ophthalmology 2012;119:1516–21. <https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2012.01.052>
  • Dumbleton KA, Woods CA, Jones LW, Fonn D. The relationship between compliance with lens replacement and contact lens-related problems in silicone hydrogel wearers. Cont Lens Anterior Eye 2011;34:216–22. <https://doi.org/10.1016/j.clae.2011.03.001>
  • Kilvington S, Powell CH, Lam A, Lonnen J. Antimicrobial efficacy of multi-purpose contact lens disinfectant solutions following evaporation. Cont Lens Anterior Eye 2011;34:183–7. <https://doi.org/10.1016/j.clae.2011.02.010>
  • Zimmerman AB, Richdale K, Mitchell GL, et al. Water exposure is a common risk behavior among soft and gas-permeable contact lens wearers. Cornea 2017;36:995–1001. <https://doi.org/10.1097/ICO.0000000000001204>
  • Dart JK, Radford CF, Minassian D, Verma S, Stapleton F. Risk factors for microbial keratitis with contemporary contact lenses: a case-control study. Ophthalmology 2008;115:1647–54. <https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2008.05.003>
  • Farrelly MC, Duke JC, Nonnemaker J, et al. Association between The Real Cost media campaign and smoking initiation among youths—United States, 2014–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:47–50. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6602a2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ