一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)麻疹排除に向けての進展 ― バングラデシュ、200・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/21Vol. 66 / No. 28

MMWR66(28):753-757
Progress Toward Measles Elimination — Bangladesh, 2000–2016

麻疹排除に向けての進展 ― バングラデシュ、2000~2016年

2013年に、第66回世界保健機関(WHO)の東南アジア地域(SEAR)地域委員会において、2020年までに麻疹を排除し、風疹および先天性風疹症候群を抑制するための地域目標が確立された。 SEAR諸国でWHOが推奨する麻疹排除戦略には、1)すべての地区において、定期予防接種プログラムまたは追加予防接種活動(SIA)を通じて提供される麻疹含有ワクチン(MCV)の2回投与の接種率:95%以上の達成、 2)推奨されるパフォーマンス指標の目標に合致する、高感度でタイムリーな麻疹症例ベースの調査システムの開発と維持、3)認可された麻疹研究室ネットワークの開発と維持が含まれる。2014年に、SEARの11カ国の一つであるバングラデシュは、2018年までの麻疹排除の国家目標を採択した。今回、バングラデシュにおける2000年から2016年までの麻疹排除の進展と挑戦についてまとめた。バングラデシュでは、生後9カ月でのMCVの初回投与(MCV1)は1989年に全国的に導入され、生後15カ月での2回目のMCV投与(MCV2)は2012年に導入された。行政上のワクチン接種率データは、バングラデシュの64地区からNational Immunization Programmeに毎年報告されて集計され、Joint Reporting Form(JRF)を通じてWHOとユニセフに報告されている。推定されるMCV1接種率は2000年の74%から2016年には94%へ増加し、MCV2接種率は2013年の35%から2016年には93%へ増加した。2000~2016年には、3回の全国的なSIA(2005~2006年, 2010年、2014年)が段階的に実施され、約1億890万人の小児がMCVを受けた。2003年には、麻疹が疑われる症例のための研究室に支援された症例ベースの麻疹の調査が、既存のポリオ検出のため急性弛緩性麻痺監視システムを適用することにより実施された。 さらに、集計された麻疹症例は、National Health Management Information Systemを通じてすべての保健医療施設によって報告され、2000年以来JRFを通じて毎年報告されている。2000~2016年では、JRFに報告されたた麻疹の発生率は人口百万人あたり40.0人から6.0人へ、84%減少した。一方、2016年では56%の地区で監視パファーマンス目標の一部が達成されなかった。すべての地区で95%以上の麻疹ワクチン接種率を達成するには、革新的なアプローチと定期的な高品質SIAの実施を通じて、定期的な予防接種サービスを強化する必要がある。 迅速な症例の発見とアウトブレイクの準備と対応のためには、麻疹症例ベースのサーベイランス性能および感度の改善が必要である。

References

  • World Health Organization Regional Office of South-East Asia. Resolution of the WHO Regional Committee for South Asia on measles elimination and rubella/congenital rubella syndrome control (SEA/RC66/R5). New Delhi, India: World Health Organization, Regional Office for South East Asia; 2013. <http://www.searo.who.int/about/governing_bodies/regional_committee/rc66-r5.pdf?ua=1>
  • World Health Organization Regional Office of South-East Asia. Strategic plan for measles elimination and rubella and congenital rubella syndrome control in the South-East Asia Region—2014–2020. New Delhi, India: World Health Organization, Regional Office for South East Asia; 2014. <http://www.searo.who.int/entity/immunization/documents/sear_mr_strategic_plan_2014_2020.pdf_>
  • Government of People’s Republic of Bangladesh, Ministry of Health and Family Welfare. Comprehensive multi-year plan of the national immunization program of Bangladesh 2014–2018. Dhaka, Bangladesh: Government of People’s Republic of Bangladesh, Ministry of Health and Family Welfare; 2014.
  • Talukdar LR, Basu RN, Shareef M, Khan MR, Nasiruddin NH. The near miracle: how immunization services are delivered in Bangladesh. In: Huq M, ed. Near miracle in Bangladesh. Dhaka, Bangladesh: Dhaka University Press Limited; 1991:57–74.
  • World Health Organization; UNICEF. WHO/UNICEF estimates of national immunization coverage (WUENIC). Geneva, Switzerland: World Health Organization; New York, NY: UNICEF; 2015. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/data/en/>
  • World Health Organization. Supplementary immunization activities. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/data/Summary_Measles_SIA_Jan2000_Dec2017.xls?ua=1>
  • World Health Organization Regional Office of South-East Asia. Guidelines on verification of measles elimination and rubella/congenital rubella syndrome control in the WHO South-East Asia Region. New Delhi, India: World Health Organization Regional Office for South-East Asia; 2016. <http://www.searo.who.int/entity/immunization/documents/mr_guidelines.pdf>
  • Lam E, Schluter WW, Masresha BG, et al. Development of a district-level programmatic assessment tool for risk of measles virus transmission. Risk Anal 2015. Epub May 15, 2015.
  • World Health Organization. Measles vaccines: WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:349–60.
  • Thapa A, Khanal S, Sharapov U, et al. Progress toward measles elimination—South-East Asia Region, 2003–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:613–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ