一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)小児および思春期齢における糖尿病による死亡率の格差・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/19Vol. 66 / No. 19

MMWR66(19):502-505
Disparities in Diabetes Deaths Among Children and Adolescents — United States, 2000–2014

小児および思春期齢における糖尿病による死亡率の格差 ― アメリカ、2000~2014年

2012年、CDCは19歳以下の小児および思春期齢の糖尿病患者の死亡率が1968~2009年にて61%低下したと報告している。また、1979~2004年において死亡率の人種間格差を観察しており、黒人の小児および思春期齢患者の死亡率は白人の約2倍高値であった。しかし、ヒスパニックに関する検討は行われていなかったことから、今回、CDCはNational Center for Health Statisticsで収集した国内50州およびワシントンDCにおける死亡診断書の情報に基づき、2000~2014年における1~19歳のヒスパニック、非ヒスパニック系白人および非ヒスパニック系黒人における糖尿病による死亡率について分析した。この期間、1~19歳の糖尿病による死亡数は減少し、2000~2002年:265例(死亡率:100万人あたり1.15)、2012~2014年:228例(同0.97)であった。人種別死亡率は2012~2014年、黒人にてもっとも高く(同2.04)、白人(同0.92)、ヒスパニック(同0.61)の順であった。2000~2002年から2012~2014年の年間変化率は、黒人が-2.89%、白人が-0.92%、ヒスパニックが0.63%であり、変化率は人種による格差はなく、死亡率については人種間格差を認めた。黒人と白人間の死亡率比は2000~2002年が2.36、2012~2014年が2.22、黒人とヒスパニック間の死亡率比は2000~2002年が3.69、2012~2014年が3.36、白人とヒスパニック間の死亡率比は2000~2002年が1.57、2012~2014年が1.51であった。以上、1~19歳における糖尿病死亡率には人種による相違が認められた。今後、糖尿病の症状の認識、早期の治療介入、糖尿病に関する教育および糖尿病性ケトアシドーシスの対処法などの強化により死亡率を低下させることで人種間格差も是正しうると考える。

References

  • CDC. National diabetes statistics report: estimates of diabetes and its burden in the United States, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/diabetes/pdfs/data/2014-report-estimates-of-diabetes-and-its-burden-in-the-united-states.pdf>
  • Dabelea D, Rewers A, Stafford JM, et al.; SEARCH for Diabetes in Youth Study Group. Trends in the prevalence of ketoacidosis at diabetes diagnosis: the SEARCH for diabetes in youth study. Pediatrics 2014;133:e938–45. <https://doi.org/10.1542/peds.2013-2795>
  • Patterson CC, Dahlquist G, Harjutsalo V, et al. Early mortality in EURODIAB population-based cohorts of type 1 diabetes diagnosed in childhood since 1989. Diabetologia 2007;50:2439–42. <https://doi.org/10.1007/s00125-007-0824-8>
  • CDC. Diabetes death rates among youths aged ≤19 years—United States, 1968–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:869–72.
  • CDC. Racial disparities in diabetes mortality among persons aged 1–19 years—United States, 1979–2004. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007;56:1184–7.
  • Hudson D. Fitting segmented curves whose join points have to be estimated. J Am Stat Assoc 1966;61:1097–129. <https://doi.org/10.1080/01621459.1966.10482198>
  • Mayer-Davis EJ, Lawrence JM, Dabelea D, et al. Increasing of type 1 and type 2 diabetes in youth: 2002–2012. SEARCH for diabetes in youth. American Diabetes Association Scientific Sessions. New Orleans, LA: American Diabetes Association; 2016.
  • Dabelea D, Mayer-Davis EJ, Saydah S, et al.; SEARCH for Diabetes in Youth Study. Prevalence of type 1 and type 2 diabetes among children and adolescents from 2001 to 2009. JAMA 2014;311:1778–86. <https://doi.org/10.1001/jama.2014.3201>
  • Todd J, Armon C, Griggs A, Poole S, Berman S. Increased rates of morbidity, mortality, and charges for hospitalized children with public or no health insurance as compared with children with private insurance in Colorado and the United States. Pediatrics 2006;118:577–85. <https://doi.org/10.1542/peds.2006-0162>
  • Valenzuela JM, Seid M, Waitzfelder B, et al.; SEARCH for Diabetes in Youth Study Group. Prevalence of and disparities in barriers to care experienced by youth with type 1 diabetes. J Pediatr 2014;164:1369–75.e1. <https://doi.org/10.1016/j.jpeds.2014.01.035>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ