一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)クローン病による入院 ― アメリカ、2003~20・・・

MMWR抄訳

rss

2017/04/14Vol. 66 / No. 14

MMWR66(14):377-381
Hospitalizations for Crohn’s Disease — United States, 2003–2013

クローン病による入院 ― アメリカ、2003~2013年

クローン病は消化管のあらゆる部位で生じ得る炎症性腸疾患であり、2009年では推定で565,000人のアメリカ人が罹患している。クローン病の症状には持続性の下痢、腹部疝痛、腸閉塞症の原因となる便秘、直腸出血などがあり、症状の重症度からしばしば入院および小腸、直腸、結腸の外科手術が必要となる。今回、Healthcare Cost and Utilization Project(HCUP)のNational Inpatient Sampleの退院データを使用し、2003~2013年のアメリカにおけるクローン病の入院率を推定した。クローン病患者の入院には、クローン病を主訴とした(クローン病による)入院、クローン病患者だがクローン病が主訴とは限らない入院との両方を含めた。寛解率の向上および入院の減少が期待されている新規療法があるのにもかかわらず、クローン病による推定入院数(アメリカ人口10万人あたりの年齢で調整した割合)には、2003年から2013年にかけて有意な変化はなかった。一方、クローン病が主訴とは限らないクローン病患者における10万人あたりの入院数は、2003年の44.2人(120,209入院)から2013年では59.7人(196,480入院)となり、35.1%増加した。2013年、HCUPの参加州における州別の10万人あたりの入院数は、19.2人(ハワイ州)~91.6人(ロードアイランド州)であった。2003年と比べ2013年のクローン病による入院患者における小腸切除率は有意に減少したが(4.9% vs 3.9%)、大腸切除率(14.8% vs 12.8%)、瘻修復術率(1.8% vs 2.0%)で同等であった。以上のことから、患者教育のイニシアチブはクローン病増悪因子の認識と入院予防のための服薬コンプライアンスに焦点を絞り、クローン病として注意すべき徴候や症状、診断と治療に関する専門家への教育も継続するべきである。

References

  • Kappelman MD, Moore KR, Allen JK, Cook SF. Recent trends in the prevalence of Crohn’s disease and ulcerative colitis in a commercially insured US population. Dig Dis Sci 2013;58:519–25. <https://doi.org/10.1007/s10620-012-2371-5>
  • Lichtenstein GR, Hanauer SB, Sandborn WJ; Practice Parameters Committee of American College of Gastroenterology. Management of Crohn’s disease in adults. Am J Gastroenterol 2009;104:465–83, quiz 464, 484. <https://doi.org/10.1038/ajg.2008.168>
  • Nguyen GC, Tuskey A, Dassopoulos T, Harris ML, Brant SR. Rising hospitalization rates for inflammatory bowel disease in the United States between 1998 and 2004. Inflamm Bowel Dis 2007;13:1529–35. <https://doi.org/10.1002/ibd.20250>
  • Jones DW, Finlayson SR. Trends in surgery for Crohn’s disease in the era of infliximab. Ann Surg 2010;252:307–12. <https://doi.org/10.1097/SLA.0b013e3181e61df5>
  • Sonnenberg A. Similar geographic variations of mortality and hospitalization associated with IBD and Clostridium difficile colitis. Inflamm Bowel Dis 2010;16:487–93. <https://doi.org/10.1002/ibd.21054>
  • Ananthakrishnan AN, McGinley EL, Saeian K, Binion DG. Trends in ambulatory and emergency room visits for inflammatory bowel diseases in the United States: 1994–2005. Am J Gastroenterol 2010;105:363–70. <https://doi.org/10.1038/ajg.2009.580>
  • Loftus EV Jr. Clinical epidemiology of inflammatory bowel disease: incidence, prevalence, and environmental influences. Gastroenterology 2004;126:1504–17. <https://doi.org/10.1053/j.gastro.2004.01.063>
  • Long MD, Hutfless S, Kappelman MD, et al. Challenges in designing a national surveillance program for inflammatory bowel disease in the United States. Inflamm Bowel Dis 2014;20:398–415. <https://doi.org/10.1097/01.MIB.0000435441.30107.8b>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ