一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)アルコールベースの手指消毒剤の摂取によって生じた小・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/03Vol. 66 / No. 8

MMWR66(8):223-226
Reported Adverse Health Effects in Children from Ingestion of Alcohol-Based Hand Sanitizers — United States, 2011–2014

アルコールベースの手指消毒剤の摂取によって生じた小児の健康への有害作用の報告 ― アメリカ、2011~2014年

手指消毒剤は皮膚上の微生物を減少させる有効で安価な手法であるが、体内への摂取や不適切な使用は健康リスクと関連する。多くの手指消毒剤は60~95%のエタノールまたはイソプロピルアルコールを含有し、しばしば幼児の好みに合う香料が一緒に使用され、最近では、アルコールベース (アルコール性)の 手指消毒剤を飲用した幼児の重症例が報告されている。中毒事故管理センターでは、摂取、吸入、皮膚、眼をはじめとする様々なルートからの意図的または非意図的な手指消毒剤への曝露に関するデータを収集している。12歳以下の小児のアルコール性手指消毒剤への曝露を特徴付けるために、CDCはNational Poison Data Systemへ報告されたデータを分析した。2011~2014年の間に、12歳以下の小児では合計で70,669例の手指消毒剤への曝露が報告され、このうち65,293 例(92%)はアルコール性、5,376例(8%)は非アルコール性の曝露であった。全体で、91%の曝露は5歳以下の小児で発生し、9%は6~12歳の小児で発生した。すべての小児において、体内への摂取は報告された曝露の95%を占め、97%は5歳以下の小児であった(アルコール性:97.0%、非アルコール性:96.3%)。年長の小児(6~12歳)では意図的なアルコール性曝露の割合が(866例、15.0%)が非アルコール性曝露(40例、8.0%)よりも有意に増加した。眼への手指消毒剤曝露は、年長の小児で(24.8%、アルコール性:24.4%、非アルコール性:29.0%)、年少の小児(3.0%、アルコール性:3.0%、非アルコール性:3.2%)よりも増加した。全体で、8,219(12%)例の小児で1つ以上の症状が報告され、アルコール性への曝露で健康への悪影響の報告が増える傾向にあった。両方のタイプで主な症状は、眼球刺激(31.4%)、嘔吐(22.8%)、結膜炎(10.5%)、口腔刺激(9.5%)、咳(8.6%)、腹痛(3.9%)であった。昏睡(5例)、痙攣(3例)、低血糖症(2例)、代謝性アシドーシス(2例)、呼吸抑制(2例)は稀であった。死亡例の報告はなかった。介護士およびヘルスケア提供者は、小児における手指消毒剤の不適切な使用に関連する潜在的なリスクおよび危険性について認識し、小児を保護するための安全措置を講じる必要がある。

References

  • Mrvos R, Krenzelok EP. Pediatric ingestions of hand sanitizers: debunking the myth. Pediatr Emerg Care 2009;25:665–6. <http://dx.doi.org/10.1097/PEC.0b013e3181bec7e1>
  • Miller M, Borys D, Morgan D. Alcohol-based hand sanitizers and unintended pediatric exposures: a retrospective review. Clin Pediatr (Phila) 2009;48:429–31. <http://dx.doi.org/10.1177/0009922808330781>
  • Rayar P, Ratnapalan S. Pediatric ingestions of house hold products containing ethanol: a review. Clin Pediatr (Phila) 2013;52:203–9. <http://dx.doi.org/10.1177/0009922812470970>
  • Gormley NJ, Bronstein AC, Rasimas JJ, et al. The rising incidence of intentional ingestion of ethanol-containing hand sanitizers. Crit Care Med 2012;40:290–4. <http://dx.doi.org/10.1097/CCM.0b013e31822f09c0>
  • Madsen LP. Acute alcohol intoxication in children. Diagnosis, treatment and complications. Ugeskr Laeger 1990;152:2362–4.
  • Marek E, Kraft WK. Ethanol pharmacokinetics in neonates and infants. Curr Ther Res Clin Exp 2014;76:90–7. <http://dx.doi.org/10.1016/j.curtheres.2014.09.002>
  • Ford JB, Wayment M, Albertson TE, Owen KP, Radke JB, Sut ME. Elimination kinetics of ethanol in a 5-week-old infant and a literature review of infant ethanol pharmacokinetics. Case Rep Med 2013;2013:250716.
  • Tran MN, Wu AH, Hill DW. Alcohol dehydrogenase and catalase content in perinatal infant and adult livers: potential influence on neonatal alcohol metabolism. Toxicol Lett 2007;169:245–52. <http://dx.doi.org/10.1016/j.toxlet.2007.01.012>
  • Lamminpää A. Acute alcohol intoxication among children and adolescents. Eur J Pediatr 1994;153:868–72. <http://dx.doi.org/10.1007/BF01954735>
  • Forrester MB. Characteristics of hand sanitizer ingestions by adolescents reported to poison centers. Int J Adolesc Med Health 2015;27:69–72.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ