一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)先天性小頭症の罹患率と臨床特性 ― ニューヨーク州・・・

MMWR抄訳

rss

2017/02/10Vol. 66 / No. 5

MMWR66(5):125-129
Prevalence and Clinical Attributes of Congenital Microcephaly — New York, 2013–2015

先天性小頭症の罹患率と臨床特性 ― ニューヨーク州、2013年~2015年

妊娠中のジカウイルス感染症は小頭症など重篤な先天性欠損症を引き起こし、とくに妊娠第1三半期での感染はそのリスクが高い。2015年初め、WHOアメリカ地域にてジカウイルスが広範囲に拡散、ニューヨーク州はアメリカ本土では旅行に関連するジカウイルス感染症の患者がもっとも多く、その多くはニューヨーク市(NYC)にて発生している。2016年12月13日の時点ではアメリカ本土で出生したジカウイルス関連先天性欠損症の新生児は34名であり、うち5名(15%)はNYCで出生している。今回、CDCはアメリカにてジカウイルスが拡散する前(2013~2015年)のニューヨーク州における先天性小頭症の罹患率について、州内の病院からサーベイランスシステムへの報告およびStatewide Planning and Research Cooperative System (SPARCS)データベースより分析した。この期間、小頭症の疑いのある症例は529例であり、うち499例(94%)が小頭症の診断基準(NBDPN)を満たした。重症例は284例であり、罹患率は出生児10,000人あたり7.4(重症例:4.2)であった。NYCでは重症例の57%(162/284例)が出生し、罹患率は10,000人あたり4.8であった。重症例の母親はヒスパニック系:31%、非ヒスパニック系白人:30%、非ヒスパニック系黒人:30%とほぼ同等であり、58%(165/284例)の母親に妊娠または出産リスク因子を認めた[妊娠合併症:57例(20%)、子宮内感染症または周産期感染症:46例(16%)、妊娠中のアルコール/タバコ/違法ドラッグ/催奇形性薬物(ワルファリン、ACE阻害薬、レチノイン酸、抗けいれん薬など)の摂取:54例(19%)]。また、遺伝子異常(37例、13%)、先天性欠損症の家族歴(20例、7%)および親の血族結婚(7例、2%)は少数であった。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • National Birth Defects Prevention Network (NBDPN). NBDPN abstractor’s instructions. Houston, TX: National Birth Defects Prevention Network; 2016. <http://www.nbdpn.org/docs/NBDPN_Case_Definition-SurveillanceMicrocephaly2016Apr11.pdf>
  • Pan American Health Organization. Epidemiological alert: neurological syndrome, congenital malformations, and Zika virus infection. Implications for public health in the Americas. Washington, DC: World Health Organization, Pan American Health Organization; 2015. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_download&Itemid=270&gid=32405>
  • Honein MA, Dawson AL, Petersen EE, et al. Birth defects among fetuses and infants of US women with evidence of possible Zika virus infection during pregnancy. JAMA 2017;317:59–68. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.2016.19006>
  • CDC. Zika virus: case counts in the US. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/zika/geo/united-states.html>
  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. Health department reports four more babies born with congenital Zika virus syndrome in NYC. New York, NY: New York City Department of Health and Mental Hygiene; 2016. <https://www1.nyc.gov/site/doh/about/press/pr2016/pr101-16.page>
  • Cragan JD, Isenburg JL, Parker SE, et al. Population-based microcephaly surveillance in the United States, 2009 to 2013: An analysis of potential sources of variation. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2016;106:972–82. <http://dx.doi.org/10.1002/bdra.23587>
  • Wang Y, Sharpe-Stimac M, Cross PK, Druschel CM, Hwang SA. Improving case ascertainment of a population-based birth defects registry in New York State using hospital discharge data. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2005;73:663–8. <http://dx.doi.org/10.1002/bdra.20208>
  • New York State Department of Health. SPARCS operations guide. Bureau of Health Informatics Office of Quality and Patient Safety. Version 1.2. Albany, NY: New York State Department of Health; 2016. <https://www.health.ny.gov/statistics/sparcs/training/docs/sparcs_operations_guide.pdf>
  • Freedman JD, Green L, Landon BE. All-payer claims databases—uses and expanded prospects after Gobeille. N Engl J Med 2016;375:2215–7. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMp1613276>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ