一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)全世界の定期予防接種率、2015年

MMWR抄訳

rss

2016/11/18Vol. 65 / No. 45

MMWR65(45):1270-1273
Global Routine Vaccination Coverage, 2015

全世界の定期予防接種率、2015年

1974年に、WHOは乳児に対して6種類のワクチンで予防可能な疾患に対する予防接種に関する拡大プログラムを設立している。2015年のWHOおよびUNICEFの推定値に基づいて、ジフテリア・破傷風・百日咳ワクチンの3回目(DTP3)、麻疹含有ワクチン(MCV)1回目(MCV1)の接種、ポリオウイルスワクチンの3回目(Pol3)の接種率は、2010年から84%~86%に安定している。20142015年では、MCV2回目(MCV2)の推定される世界規模の接種率は、2歳末までに39%から49%に増加し、年長のグループを含めた場合は58%から61%に増加した。新規またはあまり使用されないワクチンの2015年の世界規模の接種率は2010年よりも増加し、ロタウイルスワクチンで8%から23%へ、肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)11%から37%へ、風疹ワクチンで35%から46%へ、ヘモフィラス・インフルエンザ菌タイプB(Hib)ワクチンで42%から64%へ、B型肝炎ワクチンの3回目(Hep3)74%から84%にそれぞれ増加した。一般的に推奨されているワクチンの接種スケジュールへの導入は大半の国(80)で実施されているが、接種率の推定値は低所得国で高所得国よりも低下した。低中所得国に分類された50カ国において、ワクチンと予防接種のための世界同盟(Gavi)非支援国(13カ国)では支援国(37カ国)と比べ、MCVDTP3Pol3HepB3Hib3ワクチンの90%以上の接種率を達成している国の数の割合が増加した。高予防接種率の到達と維持およびワクチンで予防可能な疾患からの予防を増加させるために、予防接種へのアクセスの公平性の改善が必要である。

References

  • Subaiya S, Dumolard L, Lydon P, Gacic-Dobo M, Eggers R, Conklin L. Global routine vaccination coverage, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:12525. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6444a5>
  • Burton A, Monasch R, Lautenbach B, et al. WHO and UNICEF estimates of national infant immunization coverage: methods and processes. Bull World Health Organ 2009;87:53541. <http://dx.doi.org/10.2471/BLT.08.053819>
  • World Health Organization. Immunization, vaccines and biologicalsdata, statistics and graphs. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/en>
  • The World Bank. World Bank country and lending groups. New York, NY: The World Bank; 2016. <https://datahelpdesk.worldbank.org/knowledgebase/articles/906519-world-bank-country-and-lending-groups>
  • Gavi, the Vaccine Alliance. Countries eligible for support. Geneva, Switzerland: Gavi, the Vaccine Alliance; 2015. <http://www.gavi.org/support/sustainability/countries-eligible-for-support/>
  • World Health Organization. Global vaccine action plan 20112020. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. <http://www.who.int/immunization/global_vaccine_action_plan/en/>
  • Glatman-Freedman A, Nichols K. The effect of social determinants on immunization programs. Hum Vaccin Immunother 2012;8:293301. <http://dx.doi.org/10.4161/hv.19003>
  • Loharikar A, Dumolard L, Chu S, Hyde T, Goodman T, Mantel C. Status of new vaccine introductionworldwide, September 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:113640. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6541a3>
  • World Health Organization. State of inequality: reproductive, maternal, neonatal and child health. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://www.who.int/gho/health_equity/report_2015/en/>
  • United Nations. Transforming our world: the 2030 agenda for sustainable development. New York, NY: United Nations. <https://sustainabledevelopment.un.org/content/documents/21252030%20Agenda%20for%20Sustainable%20Development%20web.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ