一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)女性、乳児および小児に対する特別栄養補助プログラム・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/18Vol. 65 / No. 45

MMWR65(45):1256-1260
Trends in Obesity Among Participants Aged 2–4 Years in the Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants, and Children — United States, 2000–2014

女性、乳児および小児に対する特別栄養補助プログラムの2~4歳の参加者における肥満の傾向 ― アメリカ、2000~2014年

小児の肥満は低所得世帯に多く見られ、幼少期のみならず成人してからの2型糖尿病や心循環器疾患、ある種のがんのリスクを高める。CDCはアメリカ農務省と協同し、女性、乳児および小児に対する特別栄養補助プログラム(WIC)に参加する低所得世帯の低年齢小児における肥満を調査するため、WIC Participants and Program Characteristicsのデータから、50州およびワシントンDC5準州の計56地域に居住する24歳の小児2,2553,518名について解析した。小児の肥満率の総計は、14.0(2000)15.5(2004)15.9(2010)と有意に上昇し、2014年は14.5%と有意に低下した。調査した全ての年において、肥満率はアメリカインディアン/アラスカ先住民およびヒスパニック系にて最も高かった。非ヒスパニック系白人、非ヒスパニック系黒人、ヒスパニック系およびアメリカインディアン/アラスカ先住民において、肥満率は2000年から2004年にかけて有意に上昇し、2010年から2014年にかけて有意に低下した。アジア系/太平洋諸島系の肥満率は調査期間にわたって低下した。2010年から2014年にかけて、肥満率は56地域のうち9地域(16)で上昇、そのうち4地域(7)では有意に上昇し、最も上昇したのはネブラスカ州(14.4%から16.9)であった。反対に、45地域(80)では肥満率は低下、そのうち34地域(61)では有意に低下し、最も低下したのはプエルトリコ(20.3%から13.9)であった。以上のように、WICに参加する24歳の小児の肥満率は低下傾向にあるものの、全米の25歳の小児における2011年~2014年の肥満率8.9%と比較すると依然として高かった。小児の健康的な発達のためには、健康的な妊娠、母乳育児、良質の栄養、適切な身体活動などの取り組みの継続が必要である。

References

  • CDC. Overweight and obesity. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/obesity/>
  • Simmonds M, Llewellyn A, Owen CG, Woolacott N. Predicting adult obesity from childhood obesity: a systematic review and meta-analysis. Obes Rev 2016;17:95107. <http://dx.doi.org/10.1111/obr.12334>
  • Freedman D. ObesityUnited States, 19882008. In: CDC. CDC Health Disparities and Inequalities ReportUnited States, 2011. MMWR Suppl 2011;60(No. Suppl 1).
  • CDC. Vital signs: obesity among low-income, preschool-aged childrenUnited States, 20082011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:62934.
  • Pan L, McGuire LC, Blanck HM, May-Murriel AL, Grummer-Strawn LM. Racial/ethnic differences in obesity trends among young low-income children. Am J Prev Med 2015;48:5704. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2014.11.009>
  • CDC. A SAS program for the 2000 CDC Growth Charts (ages 0 to <20 years). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/nccdphp/dnpao/growthcharts/resources/sas.htm>
  • Ogden CL, Carroll MD, Fryar CD, Flegal KM. Prevalence of obesity among adults and youth: United States, 20112014. NCHS Data Brief 2015;219:18.
  • Wang YC, Hsiao A, Orleans CT, Gortmaker SL. The caloric calculator: average caloric impact of childhood obesity interventions. Am J Prev Med 2013;45:e313. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2013.03.012>
  • Woo Baidal JA, Locks LM, Cheng ER, Blake-Lamb TL, Perkins ME, Taveras EM. Risk factors for childhood obesity in the first 1,000 days: a systematic review. Am J Prev Med 2016;50:76179. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2015.11.012>
  • Lu W, McKyer EL, Dowdy D, et al. Evaluating the influence of the revised Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants, and Children (WIC) Food Allocation Package on healthy food availability, accessibility, and affordability in Texas. J Acad Nutr Diet 2016;116:292–301. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jand.2015.10.021>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ