一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)リスク因子の不明な患者におけるジカウイルス感染症の・・・

MMWR抄訳

rss

2016/09/16Vol. 65 / No. 36

MMWR65(36):981-982
Preliminary Findings from an Investigation of Zika Virus Infection in a Patient with No Known Risk Factors — Utah, 2016

リスク因子の不明な患者におけるジカウイルス感染症の研究から得られた予備調査結果 ― ユタ州、2016年

2016年712日、Utah Department of Health (UDOH)1人の医師より、71日から発熱、発疹および結膜炎を来した症例(患者A)を診察しているとの報告を受けた。患者Aはジカウイルスの流行地域への旅行歴はなく、流行地域へ旅行した人との性的接触、輸血、臓器移植もなく、蚊に咬まれてもいなかったが、海外でジカウイルス疾患にかかった家族(高齢男性)を数日間看護していた。この男性は625日、多臓器不全を伴う敗血症性ショックのため病院で死亡しており、死亡する2日前の血液検体にてジカウイルス疾患例の平均値の約10,000倍高濃度のウイルス血症であった。患者Aは発症から7日後のrRT-PCR検査にてジカウイルス疾患と診断されており、発症から11日後の血清検体はジカウイルス抗体陽性であり(MAC-ELISA)、中和抗体も検出されていた(PRNT)Salt LakeおよびDavis County Health DepartmentUDOHCDCの援助を受け、患者Aの感染源の調査を開始し、患者Aを含む家族接触者19名の問診および血液と尿の検体採取を行ったが、患者Aを除く全員が曝露後23週間の検体でrRT-PCRMAC-ELISA法にてジカウイルス感染陰性であった。また、死亡した男性を看護した医療関係者86名、および近所の住民(半径200m以内)238名に関しては、822日現在、感染例は認めていない。患者Aは他の家族と同じように死亡した男性とハグやキスをしており、直接便に触れることもなかったため、感染経路はまだ明らかとなっていない。

References

  • CDC. Zika virus transmission and risks. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/zika/transmission/index.html>
  • Lanciotti RS, Kosoy OL, Laven JJ, et al. Genetic and serologic properties of Zika virus associated with an epidemic, Yap State, Micronesia, 2007. Emerg Infect Dis 2008;14:12329. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1408.080287>
  • CDC. 2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. <http://www.cdc.gov/hicpac/2007IP/2007isolationPrecautions.html>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ