一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)バイタルサイン:レジオネラ症のアウトブレイクにて判・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/10Vol. 65 / No. 22

MMWR65(22):576-584
Vital Signs: Deficiencies in Environmental Control Identified in Outbreaks of Legionnaires’ Disease — North America, 2000–2014

バイタルサイン:レジオネラ症のアウトブレイクにて判明した環境管理の不備 ― 北米、2000~2014年

2000~2014年、アメリカではレジオネラ症患者の報告が増加しており、発症率は人口10万人あたり2000年:0.42、2014年:1.62と286%増加した。レジオネラ症はエアロゾル化汚染水を吸入することにより感染するため、発症の抑制にはビルの給水系統のコントロールがもっとも効果的である。2015年、ASHRAE(American Society of Heating, Refrigerating, and Air-Conditioning Engineers)はレジオネラ症予防に関し、ビルの給水系統の管理プログラムの開発と実施について合意基準を発表している。CDCはこの期間、レジオネラ症に関する38件の現地調査を実施、うち臨床的および疫学的エビデンスの低い3件と、クルーズ船で発生した8件を除いた27件の調査(アメリカ:24件、メキシコ:2件、カナダ:1件)について報告する。アウトブレイクの発生場所はホテル/リゾート:12件(44%)、長期療養施設:5件(19%)、病院:4件(15%)、その他:6件(老人ホーム、職場、地域:各2)であり、エアロゾル曝露源は飲料水:15件(56%)、冷却塔:6件(22%)、浴槽:2件(7%)、工業設備:1件(4%)、人工噴水:1件(4%)、不明:2件(7%)であった。いずれもLegionella pneumophila血清群1によるものであり、症例数は計415例(確診例:323例、疑い例92例)、アウトブレイクあたりの症例数は10(3~82)例であった。死亡は65例、致死率は中央値7%(範囲0~80%)、初めての症例の発症から最後の症例の発症までの期間中央値は49日であり、原因として管理プロセス上の不備:15件(65%)、人為的ミス:12件(52%)、設備不全:8件(35%)、管轄外の外部環境変化:8件(35%)が挙げられた。レジオネラ症は給水系統の管理不備が大きな原因であり、ビルの包括的な給水系統の管理プログラムの重要性が示唆された。

References

  • Adams D, Fullerton K, Jajosky R, et al. Summary of notifiable infectious diseases and conditions—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;62:1–122. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6253a1>
  • CDC. Notice to readers: final 2014 reports of nationally notifiable infectious diseases. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1019–33. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6436a8>
  • Dooling KL, Toews KA, Hicks LA, et al. Active bacterial core surveillance for legionellosis—United States, 2011–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1190–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6442a2>
  • Beer KD, Gargano JW, Roberts VA, et al. Surveillance for waterborne disease outbreaks associated with drinking water—United States, 2011–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:842–8. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6431a2>
  • CDC. Waterborne disease and outbreak surveillance system. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/healthywater/surveillance/surveillance-reports.html>
  • Hicks LA, Garrison LE, Nelson GE, et al. Legionellosis—United States, 2000–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1083–6.
  • Fields BS, Benson RF, Besser RE. Legionella and Legionnaires’ disease: 25 years of investigation. Clin Microbiol Rev 2002;15:506–26. <http://dx.doi.org/10.1128/CMR.15.3.506-526.2002>
  • Correia AM, Ferreira JS, Borges V, et al. Probable person-to-person transmission of Legionnaires’ disease. N Engl J Med 2016;374:497–8. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMc1505356>
  • Mercante JW, Winchell JM. Current and emerging Legionella diagnostics for laboratory and outbreak investigations. Clin Microbiol Rev 2015;28:95–133. <http://dx.doi.org/10.1128/CMR.00029-14>
  • ASHRAE. Legionellosis: risk management for building water systems. ANSI/ASHRAE Standard 188–2015. Atlanta, GA: ASHRAE; 2015. <http://www.mesc.org/downloads/v/PCTI/ASHRAE%20188%20-%202015%20FINAL.pdf>
  • Kozak NA, Benson RF, Brown E, et al. Distribution of lag-1 alleles and sequence-based types among Legionella pneumophila serogroup 1 clinical and environmental isolates in the United States. J Clin Microbiol 2009;47:2525–35. <http://dx.doi.org/10.1128/JCM.02410-08>
  • ASHRAE. Minimizing the risk of legionellosis associated with building water systems. ASHRAE guideline 12-2000. Atlanta, GA: ASHRAE; 2000. <http://legionella.org/publications/non-visible/ashrae-guideline-12-2000/>
  • Demirjian A, Lucas CE, Garrison LE, et al. The importance of clinical surveillance in detecting Legionnaires’ disease outbreaks: a large outbreak in a hospital with a Legionella disinfection system—Pennsylvania, 2011–2012. Clin Infect Dis 2015;60:1596–602. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/civ153>
  • Silk BJ, Moore MR, Bergtholdt M, et al. Eight years of Legionnaires’ disease transmission in travellers to a condominium complex in Las Vegas, Nevada. Epidemiol Infect 2012;140:1993–2002. <http://dx.doi.org/10.1017/S0950268811002779>
  • CDC. Cruise-ship—associated Legionnaires disease, November 2003–May 2004. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2005;54:1153–5.
  • Phin N, Parry-Ford F, Harrison T, et al. Epidemiology and clinical management of Legionnaires’ disease. Lancet Infect Dis 2014;14:1011–21. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(14)70713-3>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ