一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)偽のNorcoによる中毒のアウトブレイク ― サン・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/29Vol. 65 / No. 16

MMWR65(16):420-423
Counterfeit Norco Poisoning Outbreak — San Francisco Bay Area, California, March 25–April 5, 2016

偽のNorcoによる中毒のアウトブレイク ― サンフランシスコ・ベイエリア、カリフォルニア州、2016年3月25日~4月5日

2016年3月28日、カリフォルニア州コントラコスタ郡のContra Costa Regional Medical Centerの救急外来(ED)を、Norco(アセトアミノフェンとヒドロコドンを含有する処方オピオイド鎮痛薬)と思われる薬物を服用した30分後に悪心、嘔吐、中枢神経系うつ症状および呼吸抑制を来した2例が受診した(症例2、3)。この3日前に、サクラメント郡の公衆衛生局がフェンタニルを含む偽のNorcoの服用による薬物中毒(症例1)に関する警告を発表しており、その後2週間、California Poison Control Systemのサンフランシスコ局はアラメダ、サンフランシスコおよびサンタクララ郡にて症例1を含む5例を確認した。症例2は36歳男性、症例3はその女友達(30歳)であり、数日前に友人から薬物を購入していた。症例2は違法に購入した薬物の有害反応を経験しており、Norco錠と信じて購入、EDを受診する約12時間前に半錠、約30分前にさらに2錠を服用、EDでは昏睡状態に陥り、ナロキソン0.4mgを筋肉注射し、一時的に回復するも1時間半後には呼吸抑制(酸素飽和度:90%)となり酸素を投与した。症例2はED到着の約30分前に2錠を服用、服用後にめまいを訴え、無反応となった。ナロキソン0.4mgが静注投与され、ED到着時には昏睡および緩徐呼吸(8回/分)となっており、到着から6時間後に2回目のナロキソン0.4mgが投与された。2例ともアセトアミノフェン濃度は10μg/mL未満であり、尿中薬物検査にてアヘン剤陽性を認めた。症例1は6時間の経過観察後に帰宅したが、症例2は入院し、32時間後に退院した。症例6が購入した錠剤を分析した結果、フェンタニル3.5mg、プロメタジン2.3mg、アセトアミノフェン39.2mgと微量のコカインが検出された。患者の血清フェンタニル濃度は1.6~10.1ng/mL(1例のみ治療域:0.6~3.0ng/mL)、アセトアミノフェン濃度は全例が治療域以下であり、ヒドロコドンは3例のみ、プロメタジンは全例にて検出された。これらの偽の錠剤は本物と区別しにくく、違法なルートで購入した錠剤に関するリスクについて注意が必要であり、また、医師らは偽の錠剤が多く流通していることを認識すべきである。

References

  • County of Sacramento Health and Human Services Department. Drug overdose health alert: fentanyl-contaminated street Norco, March 25, 2016. <http://www.dhhs.saccounty.net/PUB/Documents/AZ-Health-Info/ME-20160325-Health+Alert+-+Contaminated+Norco.pdf>
  • Lötsch J, Walter C, Parnham MJ, Oertel BG, Geisslinger G. Pharmacokinetics of non-intravenous formulations of fentanyl. Clin Pharmacokinet 2013;52:23–36. <http://dx.doi.org/10.1007/s40262-012-0016-7>
  • Lynch KL, Shapiro BJ, Coffa D, Novak SP, Kral AH. Promethazine use among chronic pain patients. Drug Alcohol Depend 2015;150:92–7. <http://dx.doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2015.02.023>
  • Thoren KL, Colby JM, Shugarts SB, Wu AH, Lynch KL. Comparison if information-dependent acquisition on a tandem quadrupole TOF vs a triple quadrupole linear ion trap mass spectrometer for broad-spectrum drug screening. Clin Chem 2016;62:170–8. <http://dx.doi.org/10.1373/clinchem.2015.241315>
  • Peng PW, Sandler AN. A review of the use of fentanyl analgesia in the management of acute pain in adults. Anesthesiology 1999;90:576–99. <http://dx.doi.org/10.1097/00000542-199902000-00034>
  • CDC. CDC grand rounds: prescription drug overdoses—a U.S. epidemic. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:10–3.
  • CDC. Nonpharmaceutical fentanyl-related deaths—multiple states, April 2005-March 2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:793–6.
  • Drug Enforcement Administration. DEA issues nationwide alert on fentanyl as a threat to health and public safety, March 18, 2015. <http://www.dea.gov/divisions/hq/2015/hq031815.shtml>
  • Arens AM, Vo KT, van Wijk X, Lemos N, Olson KR, Smollin C. Adulterated Xanax: a case series from San Francisco [Abstract]. From: abstracts from the 2016 American College of Medical Toxicology (ACMT) Annual Scientific Meeting, March 18–20, 2016, Huntington Beach, CA.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ