一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)観光業界に就労する短期滞在ビザ保持者における結核 ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/25Vol. 65 / No. 11

MMWR65(11):279-281
Tuberculosis Among Temporary Visa Holders Working in the Tourism Industry — United States, 2012–2014

観光業界に就労する短期滞在ビザ保持者における結核 ― アメリカ、2012年~2014年

アメリカの移民および国籍法では、永住を求める移民や難民には結核(TB)のスクリーニング検査が課されるのに対し、就学や就労を目的とした短期滞在ビザ受給者は必須ではない。アメリカの観光業界はサービス業従事者の季節的、変動的な需要を短期滞在ビザ保持者に依存している。本報告は、2012~2014年にアメリカの観光地で就業した国外生まれの短期滞在ビザ保持者がTB感染者であった事例について報告する。第1例は25歳の男性で、2012年3月にフィリピンからアリゾナ州に入国し、国立公園内ロッジのカフェテリアにて3カ月就労した後、6月に転居したミネソタ州にてTBの確定診断を受けた。同時期の就業者10名および家庭内接触者3名に対しツベルクリン検査が行われ、就業者1名に潜在性結核感染症(LTBI)の疑いがあったものの、本例の接触とは無関係とされた。活動的TB症例は認められず、ルームメイトを含む接触者19名とは連絡がとれなかった。第2例は49歳男性、2012年4月にフィリピンからミシガン州に入国し、リゾート施設Aにてレストランの短期雇用者として就労した後、10月にカリフォルニア州に転居、就労し、2013年5月にTBと確定診断された。リゾート施設の就業者68名中32名および家族5名のIGRA検査にて就業者13例および家族4例が陽性となり、LTBIと診断された。活動的TB症例は認められなかった。第3例は21歳女性、2014年4月に南アフリカからミシガン州に入国、リゾート施設Bにて客室係として就労した。6~7月に肺炎の兆候を訴え受診し、8月にTBの確定診断を受けた。同時期の就業者26名全員がIGRA検査を受け、14例(54%)が陽性で、LTBIと診断された。本事例のように、短期滞在ビザ就労者に見られる同居型の住居、渡り労働者型の就労、検査診断の遅れといった要因がTBの伝播機会を増大していると考えられる。季節的観光地の医療者や雇用主は、輸入TBの可能性について留意する必要がある。

References

  • World Health Organization. Global tuberculosis report 2014. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/137094/1/9789241564809_eng.pdf>
  • CDC. Reported tuberculosis in the United States, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/tb/statistics/reports/2014/default.htm>
  • CDC. Tuberculosis screening and treatment technical instructions (TB TIs) using cultures and directly observed therapy (DOT) for panel physicians. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/exams/ti/panel/tuberculosis-panel-technical-instructions.html>
  • Bureau of Labor Statistics. Foreign-born workers: labor force characteristics—2014. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2015. <http://www.bls.gov/news.release/pdf/forbrn.pdf>
  • Ghosh S, Moonan PK, Cowan L, Grant J, Kammerer S, Navin TR. Tuberculosis genotyping information management system: enhancing tuberculosis surveillance in the United States. Infect Genet Evol 2012;12:782–8. <http://dx.doi.org/10.1016/j.meegid.2011.10.013>
  • Mazurek GH, Jereb J, Vernon A, LoBue P, Goldberg S, Castro K. Updated guidelines for using interferon gamma release assays to detect Mycobacterium tuberculosis infection—United States, 2010. MMWR Recomm Rep 2010;59(No. RR-5).
  • Office of Visa Statistics. Nonimmigrant visa statistics. Washington, DC: US Department of State, Bureau of Consular Affairs, Office of Visa Statistics; 2013. <https://travel.state.gov/content/visas/en/law-and-policy/statistics/non-immigrant-visas.html>
  • Grieco EM. Length of visit of nonimmigrants departing the United States in 2003. Washington, DC: U.S. Department of Homeland Security, Office of Immigration Statistics; 2005. <https://www.dhs.gov/xlibrary/assets/statistics/publications/LengthVstNonim2003.pdf>
  • Davidow AL, Katz D, Ghosh S, et al.; Tuberculosis Epidemiologic Studies Consortium. Preventing infectious pulmonary tuberculosis among foreign-born residents of the United States. Am J Public Health 2015;105:e81–8. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2015.302662>
  • CDC. Antibiotic resistance solutions initiative. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/drugresistance/solutions-initiative>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ