一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)動物園の象3頭における結核の診断と人間との接触 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/08Vol. 64 / No. 52

MMWR64(52):1398-1402
Diagnosis of Tuberculosis in Three Zoo Elephants and a Human Contact — Oregon, 2013

動物園の象3頭における結核の診断と人間との接触 ― オレゴン州、2013年

2013年、オレゴン州マルトノマ郡の動物園において象と人間に結核アウトブレイクが発生し、Multnomah County Health Department(MCHD)による調査が行われた。2013年5月、雄アジアゾウ(20歳、象A)の定期的な鼻汁検体培養検査において、感染性結核菌(Mycobacterium tuberculosis)が検出された。この象と密接な接触のあった19名でツベルクリン検査を行ったところ6名に陽性反応に認めたが、全員とも過去に結核の既往や感染リスク行動などはなかった。この結果をうけてMCHDは調査対象を拡大し、さらに接触のあった59名(軽い接触:39名、イベントでの接触:20名)および密接な接触者31名のうち、それぞれ48名、29名にてスクリーニング検査(ツベルクリン検査、インターフェロンγ遊離試験)を行った結果、密接な接触者7名にて潜在性結核菌感染が認められた(6名は結核陽性転化、1名は以前から陽性)。また、象Aが結核と診断されたことから、動物園が年に1回であった象の検査頻度を増やしたところ、2013年10月、象Aの父親である象B(51歳)にて結核菌感染を認め、また、2014年5月、象C(雄、44歳)の鼻汁検体でも結核菌陽性を認めたが、象B にて一時的な体重減少を認めた以外に3頭とも症状はなく、それぞれに治療が行われている。2013年10月、他郡の公衆衛生局が2012年秋に治療を完了した胸膜結核患者を見いだし(患者A)、この患者が2012年に動物園で断続的に働いていたことから、全ゲノム解析を行った結果、象Aの解析結果と一致した。患者Aが参加した2012年の動物園オリエンテーションに参加していた27名中18名は結核菌陰性であり、9名はすでに動物園を辞めていたため追跡できなかった。結核菌に感染した象への対応に関するガイドラインはなく、感染防止に関しては公衆衛生局、獣医および職業的医療専門家の協力によりスクリーニング方法の改善などが必要であると思われる。

References

  • Michalak K, Austin C, Diesel S, Bacon MJ, Zimmerman P, Maslow JN. Mycobacterium tuberculosis infection as a zoonotic disease: transmission between humans and elephants. Emerg Infect Dis 1998;4:283–7.
  • Animal and Plant Health Inspection Service. Guidelines for the control of tuberculosis in elephants. Washington, DC: US Department of Agriculture, Animal and Plant Health Inspection Service; 2012. Available at <http://www.usaha.org/Portals/6/Committees/tuberculosis/TB%20Guidelines%202012%20Draft%20revision%2020April2012.pdf>.
  • Murphree R, Warkentin JV, Dunn JR, Schaffner W, Jones TF. Elephant-to-human transmission of tuberculosis, 2009. Emerg Infect Dis 2011;17:366–71.
  • National Tuberculosis Controllers Association; CDC. Guidelines for the investigation of contacts of persons with infectious tuberculosis. Recommendations from the National Tuberculosis Controllers Association and CDC. MMWR Recomm Rep 2005;54(No. RR-15).
  • CDC. Latent tuberculosis infection: a guide for primary health care providers. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/tb/publications/ltbi/pdf/targetedltbi.pdf>.
  • Feldman M, Isaza R, Prins C, Hernandez J. Point prevalence and incidence of Mycobacterium tuberculosis complex in captive elephants in the United States of America. Vet Q 2013;33:25–9.
  • Lyashchenko KP, Greenwald R, Esfandiari J, et al. Tuberculosis in elephants: antibody responses to defined antigens of Mycobacterium tuberculosis, potential for early diagnosis, and monitoring of treatment. Clin Vaccine Immunol 2006;13:722–32.
  • Stephens N, Vogelnest L, Lowbridge C, et al. Transmission of Mycobacterium tuberculosis from an Asian elephant (Elephas maximus) to a chimpanzee (Pan troglodytes) and humans in an Australian zoo. Epidemiol Infect 2013;141:1488–97.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ