一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)バイタルサイン:HIV感染に対する曝露前予防薬のM・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/27Vol. 64 / No. 46

MMWR64(46):1296-1301
Vital Signs: Increased Medicaid Prescriptions for Preexposure Prophylaxis Against HIV infection — New York, 2012–2015

バイタルサイン:HIV感染に対する曝露前予防薬のMedicaid処方の増加 ― ニューヨーク州、2012~2015年

2014年6月29日に、ニューヨーク州知事は州における伝染病としてのヒト免疫不全ウイルス(HIV)/後天性免疫不全症候群(AIDS)を終了するための計画を練り上げた。この取り組みの目標は、2020年末までに新規に診断される年間のHIV感染数を推定3,000人から750人に減らすことであり、その結果、州のHIV感染率は史上初めて減少する。この計画の主なポイントは、1)HIV未診断者の同定と治療への結び付け、2)ウイルス抑制の可能性を最大限に生かすために、HIV感染症と診断された人のヘルスケアへの結び付けと維持、 3)高リスクでHIV陰性者のウイルス感染および伝播を防止するために、曝露前予防薬(PrEP)へのアクセスを容易にすることである。今回、ニューヨーク州のMedicaid 受給者において、2012年7月~2015年6月のPrEPの処方数の変化を調査した。経口抗レトロウイルス薬ツルバダのPrEPとしての使用(>30日)を同定するために、薬剤および診断コード使用したアルゴリズムにより、処方データからHIVの曝露後予防薬または治療および慢性B型肝炎感染への使用を除外した。1回以上のPrEPのための処方を受けたMedicaid 受給者の総人数は、2012年7月から2013年6月では259人、2013年7月から2014年6月では303人であったのに対し、2014年7月から2015年6月では1,330人となり、初年度と比べ338.9%増加した。全期間にわたり合計1,708人で1回以上のPrEPが処方され、大半がニューヨーク市の居住で、男性、年齢50歳未満、白人が多かった。州および地域の保健部門はPrEPの利用可能性および使用に寄与しているが、協調によりPrEP使用を増加させるための戦略の成功実現が増強すると考えられる。さらに、州のMedicaid機関によるPrEPを補償するという決定は、HIV感染予防の長期的な利点を承認している。

References

  • New York State Office of the Governor. Governor Cuomo announces plan to end the AIDS epidemic in New York state. June 29, 2015. Available at <http://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-announces-plan-end-aids-epidemic-new-york-state>.
  • New York State Department of Health. Ending the AIDS Epidemic in New York State. Available at <http://www.health.ny.gov/diseases/aids/ending_the_epidemic>.
  • CDC. Interim guidance: preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in men who have sex with men. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:65–8.
  • CDC. Interim guidance for clinicians considering the use of preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in heterosexually active adults. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:586–9.
  • New York State Department of Health. Guidelines for the use of pre-exposure prophylaxis (PrEP) to prevent HIV transmission. Available at <http://www.hivguidelines.org/wp-content/uploads/2015/10/PrEP-Guidance_10-14-15.pdf>.
  • CDC. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infections in the United States—2014: a clinical practice guideline. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, US Public Health Service; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/guidelines/PrEPProviderSupplement2014.pdf>.
  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. Providing comprehensive health care to men who have sex with men (MSM). City Health Information 2014;33:29–36. Available at <http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/chi/chi-33-4.pdf>.
  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. PrEP provider FAQs. Available at <http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/csi/csi-prep-hcp-faq.pdf>.
  • CDC. HIV among gay and bisexual men. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/group/msm/index.html>.
  • Koppenhaver RT, Sorensen SW, Farnham PG, Sansom SL. The cost-effectiveness of pre-exposure prophylaxis in men who have sex with men in the United States: an epidemic model. J Acquir Immune Defic Syndr 2011;58:e51–2.
  • McCormack S, Dunn D. Pragmatic open-label randomised trial of preexposure prophylaxis: the PROUD study. Abstract 22LB. Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections; Seattle, Washington; February 23–26, 2015. Available at <http://www.croiconference.org/sessions/pragmatic-open-label-randomised-trial-preexposure-prophylaxis-proud-study>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ