一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)バイタルサイン:医療施設において抗生物質耐性感染症・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/07Vol. 64 / No. 30

MMWR64(30):826-831
Vital Signs: Estimated Effects of a Coordinated Approach for Action to Reduce Antibiotic-Resistant Infections in Health Care Facilities — United States

バイタルサイン:医療施設において抗生物質耐性感染症を減少させるための対応に関する強調アプローチ効果の推測 ― アメリカ

CDCは、抗生物質耐性菌はアメリカでの毎年200万件の疾患および約23,000件の死亡の原因になっていると推定している。さらに、一般に抗生物質の使用と関連するClostridium difficile感染症により、毎年25万人の治療が必要とされる。抗生物質耐性菌およびC. difficileが原因の医療関連の感染症(HAI)の治療には制限があり、一部の患者では治療不能となる。これまでにC. difficileおよび抗生物質に耐性がある病原菌のまん延を予防するために設計された感染コントロールの介入は、個々の医療施設が独立して実行してきたが、施設毎の努力では、施設間の耐性菌のまん延を適切にコントロールできない。すべての施設の最適な感染コントロールに加え、HAIまん延の遮断のための施設間の強調アプローチは、地域内のすべての医療施設にわたる耐抗生物質感染症を減少させるのに有効である可能性がある。そのため、協調的対応の影響を数学的モデルにより推定した。伝染の遮断および改善された抗生物質管理をはじめとする大規模な全国的介入の有無による2014~2019年のアメリカにおける感染および死亡を予測するために、CDCのNational Healthcare Safety NetworkおよびEmerging Infections Programのデータを分析した。HAIには、カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)、多剤耐性緑膿菌、侵襲性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、C. difficileによる感染を含めた。大規模および小規模の医療ネットワークを使用して、相互接続した医療施設内のCRE感染の伝播の減少への影響を調査した。2011年ではHAIは31万件と推定され、現在の傾向では、これらの病原菌による感染は1年あたり10%増加すると推定された。緊急の全国的な感染コントロールおよび抗生物質管理により、5年間で619,000件のHAIおよび37,000件の死亡が回避されると推定された。相互接続した施設間のCREのまん延を予防するための協調的対応によりCRE感染患者は減少し、独立した介入と比較して、10施設のネットワークモデルでは5年間で74%減少し、102施設のネットワークモデルでは15年間で55%減少した。公衆衛生が指導する協調的な予防アプローチは、これらの抗生物質耐性菌およびC. difficileによる感染の取り組みにより有効と考えられる。

References

  • CDC. Antibiotic resistance threats in the United States, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/drugresistance/threat-report-2013>.
  • Burton DC, Edwards JR, Horan TC, Jernigan JA, Fridkin SK. Methicillin-resistant Staphylococcus aureus central line-associated bloodstream infections in US intensive care units, 1997-2007. JAMA 2009;301:727–36.
  • Dantes R, Mu Y, Belflower R, et al.; Emerging Infections Program–Active Bacterial Core Surveillance MRSA Surveillance Investigators. National burden of invasive methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections, United States, 2011. JAMA Intern Med 2013;173:1970–8.
  • Real LA. The community-wide dilemma of hospital-acquired drug resistance. Proc Natl Acad Sci U S A 2005;102:2683–4.
  • Smith DL, Dushoff J, Perencevich EN, Harris AD, Levin SA. Persistent colonization and the spread of antibiotic resistance in nosocomial pathogens: resistance is a regional problem. Proc Natl Acad Sci U S A 2004;101:3709–14.
  • Lin MY, Lyles-Banks RD, Lolans K, et al.; Centers for Disease Control and Prevention Epicenters Program. The importance of long-term acute care hospitals in the regional epidemiology of Klebsiella pneumoniae carbapenemase-producing Enterobacteriaceae. Clin Infect Dis 2013;57:1246–52.
  • Munoz-Price LS, Hayden MK, Lolans K, et al. Successful control of an outbreak of Klebsiella pneumoniae carbapenemase-producing K. pneumoniae at a long-term acute care hospital. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:341–7.
  • Magill SS, Edwards JR, Bamberg W, et al.; Emerging Infections Program Healthcare-Associated Infections and Antimicrobial Use Prevalence Survey Team. Multistate point-prevalence survey of health care-associated infections. N Engl J Med 2014;370:1198–208.
  • Lessa FC, Mu Y, Bamberg WM, et al. Burden of Clostridium difficile infection in the United States. N Engl J Med 2015;372:825–34.
  • Agha M. Epidemiology and pathogenesis of C. difficile and MRSA in the light of current NHS control policies: a policy review. Ann Med Surg (Lond) 2012;1:39–43.
  • Public Health England. Annual epidemiological commentary: Mandatory MRSA, MSSA and E. coli bacteraemia and C. difficile infection data, 2013/14. London, United Kingdom: PHE Publications; 2014. Available at <https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/330529/HCAI_mandatory_surveillance_annual_epidemiological_commentary_2013_14.pdf>.
  • Schwaber MJ, Lev B, Israeli A, et al.; Israel Carbapenem-Resistant Enterobacteriaceae Working Group. Containment of a country-wide outbreak of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae in Israeli hospitals via a nationally implemented intervention. Clin Infect Dis 2011;52:848–55.
  • Lee BY, Bartsch SM, Wong KF, et al. The importance of nursing homes in the spread of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) among hospitals. Med Care 2013;51:205–15.
  • Lee BY, Wong KF, Bartsch SM, et al. The Regional Healthcare Ecosystem Analyst (RHEA): a simulation modeling tool to assist infectious disease control in a health system. J Am Med Inform Assoc 2013;20(e1):e139–46.
  • Office of Statewide Health Planning and Development. California inpatient data reporting manual: medical information reporting for California. 7th edition. Available at <http://www.oshpd.ca.gov/hid/mircal/IPManual.html>.
  • Centers for Medicare & Medicaid Services. Long term care minimum data set. Available at <http://www.cms.gov/Medicare/Quality-Initiatives-Patient-Assessment-Instruments/NursingHomeQualityInits/index.html>.
  • Roberts RR, Hota B, Ahmad I, et al. Hospital and societal costs of antimicrobial-resistant infections in a Chicago teaching hospital: implications for antibiotic stewardship. Clin Infect Dis 2009;49:1175–84.
  • Slayton RB, Scott RD, Baggs J, Lessa FC, McDonald LC, Jernigan JA. The cost-benefit of federal investment in preventing Clostridium difficile infections through the use of a multifaceted infection control and antimicrobial stewardship program. Infect Control Hosp Epidemiol 2015;36:681–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ